« 不可解な首相 | トップページ | 野田さん、辞任しかない »

2012年9月24日 (月)

ついに40年記念式も中止

中国が日中国交正常化40周年の記念レセプション中止を通告してきた。もちろん日本政府の尖閣諸島国有化への対抗措置であり、友好関係の放棄にカジを切ったものと理解すべきだ。野田首相は事態の重大さに目を覚ませ。国連なんかに出かけておべんちゃら演説なんかして悦に入っている時ではない。

 

日の丸を焼いたり日本企業を破壊したり中国各地で展開された反日暴動は誰からも支持されるものではないが、そこまで硬化させた原因は言うまでもなく野田首相の単細胞だ。外交オンチ、功名主義そのものの政治姿勢のせいだ。

尖閣諸島の領有問題は、周恩来や鄧小平らによって日本の実効支配が認知された形で推移してきた。つまり、中国は日本の領土であることを受け入れてきたのだ。それをもっとはっきりした形にしたいという石原東京都知事が動いて都が買い取って管理しようとした。いわば中間的管理だから中国への刺激度はそう心配するほどでもなかった。

ところが単細胞で「点取り虫」の野田首相は、一気に国による買い取りでケリをつけてやる、同時に石原知事を出し抜いてやる、国民には「決められる野田政治」を印象づけられる-などと早合点した。都の買い値の20倍という金を払ったのもそのためだが、国が買い取って国有化してしまえば一気に国対国の領土問題になっちゃうなんていう頭が働かない。ただただ一気にケリをつけてやると意気込んじゃった。

その結果があの反日暴動だ。自分で喧嘩を売っておきながら「仲直りだ」「対話だ」なんて言い出しているんだから始末がわるい。一方では米国に「尖閣は日米安保の対象だ」なんて言わせて中国を牽制しているんだから、悪知恵は相当なものだ。

 

それもこれも人材不足の民主党の中で2、3位連合の結果誕生した首相だから仕方がないのかもしれない。苦労という苦労をしていない。井戸を掘ったこともない。だから、40年前に日中国交正常化の井戸を掘った人たちの苦労も知らない。知ろうともしない。いいことはすべて自分の手柄、失敗は他人のせい、そういう政治家だから後先の判断ができない。

恐らく今度のことも時間が解決してくれる、米国がうまく圧力をかけてくれる、経済界が裏で対立を軟化させてくれる-くらいにたかをくくっているに違いない。だが、今回は事態はそれほど簡単ではない。中国は指導部の交代期にあり対外的に譲歩することは考えられない。経済力、軍事力はかつてとくらべものにならないほど大きくなっており対外的に強気展開になっている。韓国の李明博大統領が竹島上陸を強行した時に「日本の国際社会における影響力はかつてほどない」と言ったように野田政権の影響力の弱さは中国にも見て取られている。

いずれにしろ首相の短絡的な判断によって国民が迷惑を被るなんてまっぴらだ。日中国交正常化以降、新聞社で交換記事の執筆担当を受け持ったり、中国からの研修生の指導を担当したり日中友好の末端で少しばかり汗を流してきた立場からも野田政権の短慮には腹立たしい思いがする。いばるばかりが能じゃない。

 

« 不可解な首相 | トップページ | 野田さん、辞任しかない »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ついに40年記念式も中止:

« 不可解な首相 | トップページ | 野田さん、辞任しかない »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ