« なんで今ごろ試算なの? | トップページ | 「不適材適当に配置」内閣だ »

2012年10月 1日 (月)

近いうち-は国民への約束だ

新聞、テレビにかかると言葉はとんでもないものに変わってしまう。野田首相の近いうち解散は「国民への約束」だったのに、民主、自民両党の党首選が終わったら、途端に「壁」になってしまった。これだから野田首相が平気でうそをつくんだね。

 

野田首相の「近いうち」解散発言は、早期解散を迫る自民党の谷垣総裁(当時)との話し合いで首相自身の口から出たもので、首相が「政治生命をかける」と言っていた消費税率引き上げ法案の成立に自民党が協力することと引きかえだった。

それも口のうまい首相が何とかかんとか言って解散を引き延ばそうとした挙げ句のことだ。消費税率引き上げ法案が成立したらそう遠からず時期に国民の信を問うと言っていたのに、法案が成立すると途端に「衆院の一票の格差是正も赤字国債発行関連法もある」と言いだし、自民党や野党をやきもきさせた。

国会の解散は首相の専権事項であることを承知の上で谷垣総裁は野田首相に解散の時期を明確に示すよう迫った。そのたびに首相は遠からず解散に踏み切るような印象をまき散らしながら引っ張った。ズルズル引っ張られる谷垣総裁に党内からは「お人好し」「甘すぎる」と批判があびせられ、野田首相に消費税率引き上げ法案を食い逃げされてしまうのではないかという焦りの声が野党で広がった。

「近いうち」さえ怪しくなったところでついに自民党は野党7党が提出した野田首相に対する問責決議案の国会採決に参加、賛成に回って対決姿勢を鮮明にした。

 

野田首相は党代表戦を圧勝し続投が決まると途端に態度を硬化し、「問責決議によって状況が変わった。近いうち-の約束は守れなくなった」といつものずる賢い野田佳彦に戻ったままである。そこを突いて新聞、テレビは安倍政権にとって「近いうち解散を実現させることができるかどうかが壁だ」と筆と口をそろえている。

党首が対談し、政治生命をかけるとまで言った重要法案の成立に協力させ、「近いうちに」といった約束をズルズル引き延ばしている野田首相の姿勢は信頼、信用を元とする政治家としては常軌を逸しているといえる。

もちろん野田首相が再選、続投が選択されたからといって「近いうち」が反故にされるものではないし、谷垣さんから安倍さんに自民党総裁が代わったからからと言って約束が消滅するものでもない。それは国民への約束だからだ。

野田首相に対する問責決議だって当然、臨時国会でも効果は継続する。今年度予算の財源確保のための特例公債法案の成立に協力することを条件に自民党は「近いうち」解散の履行を強く求めていくことになろう。また、そうすべきだ。

なぜ、新聞、テレビは「約束通り近いうち解散を履行せよ」「消費増税の食い逃げは許さないぞ」と訴えないのだろう。何がこわいのだろう。

« なんで今ごろ試算なの? | トップページ | 「不適材適当に配置」内閣だ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 近いうち-は国民への約束だ:

« なんで今ごろ試算なの? | トップページ | 「不適材適当に配置」内閣だ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ