« そんなに御身がかわいいですか | トップページ | 生まれるか、大野合集団 »

2012年11月14日 (水)

暗黙の「話し合い解散」ですね

野田首相、さんざん気を持たせて引きずったけど最後はあっけない幕引きでしたね。こんなことならもっと早く解散すればよかったじゃないですか。追い込まれ解散じゃなく自主解散だ、主体的解散だと政経塾でコブシを突き上げていたころのまんまの調子だったけど、やっぱり追い込まれたじゃないですか。

 

追い込むって…別に野党に限ったことはありません。今回は「年内解散反対」「年内選挙反対」と燃え盛った党内の反抗にやられましたね。野田さん、あなたが「機能強化がねらいだ」と大見得切って断行した内閣改造で「一心同体」「一連托生だ」といって続投させた輿石幹事長が追い込みの大将になりましたね。今、解散なんかしたら野党に転落だ…政権から転落だ…そんなことも(首相は)分かっていないんだ。そういって解散反対は党内の総意だと迫りました。党の大将から迫られて腹をくくりましたね。

 

衆院の定数削減を来年の通常国会までに実現することを確約するなら今週16日に解散してもいいと思っている。あなたの発言に自民党の安倍総裁が一瞬、えっ?何ですか?と戸惑いをみせていましたね。正直、また新しい条件を持ち出して延命発言をするんじゃないか…そういう疑念を抱きながら党首討論に臨んだ安倍総裁でしたから、びっくりしたんでしょう。党本部に戻ると何分もかからないで安倍総裁や石破幹事長は首相が提案した衆院定数の削減を来年の通常国会までに筋道立てるよう協力する方針を決めました。

 

「然るべき時に」が「近いうち」にかわっただけで解散時期を巡る攻防だけでまるまる1年過ごしてしまった。「うそつきだ」「ドロをかぶるのか嫌いなどじょうだ」…首相もいろいろ悪評を立てられました。でも、あなたにどうじょうする気にはなりません。だってすぐムキになって後先も考えないことをやってきましたからね。尖閣の国による購入、即国有化による中国との領土問題化は、いかにも短慮でした。あなたはそう思っていないでしょうが、暴走老人に引っかかったんです。

 

いきなり国で買わないで東京都に買わせて管理させておけば、中国が難くせつけてきても「一自治体がやっていることで、国は関与していない」とクッションを置いた話で済ませたではないか。領土問題だから国民からはあなたに対する批判は出にくいが、ここまで日中間に負の影響をもたらしてしまうと本来は責任問題です。解散うんぬんどころではないんです。まあ、「一票の格差」是正も定数削減問題も違憲宣告されている問題で自民党だって公明党だって年度後半の必須作業だ。話が反れることはないだろう。結局、あなたは暗黙の「話し合い解散」を選んだっていうことですね。

 

 

川柳「朝囀」 政界は 引導いつも 身内です     (誠)

 

« そんなに御身がかわいいですか | トップページ | 生まれるか、大野合集団 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暗黙の「話し合い解散」ですね:

« そんなに御身がかわいいですか | トップページ | 生まれるか、大野合集団 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ