« 野田首相レベルの国になっちゃった | トップページ | まとまるのか、「第三極」 »

2012年11月 5日 (月)

真紀子大臣、早く3大学に説明を

田中真紀子文部科学大臣、あなたは設置不認可とした3大学に対して早く説明をすべきだ。その責任がある。大臣だから人殺しや強盗でもやらない限り、何をどう決定しても自由だろうが、その理由をきちっと説明する必要がある。それでなければただ権力を振り回しただけの話で傍若無人ということになってしまう。

 

大学が増え過ぎて経営難にさらされている。大学設置審議会が大学人中心の編成になっていて広く国民の声を反映しているとは思えない。確かに今の大学行政や審議組織は大臣がおっしゃる通り問題がある。大臣になってみて文部行政の異様な側面に驚かされたでしょう。憤る気持ちもよく分かります。でも、大臣、そうした問題はそれこそ大臣が中心になって是非を問うべき文部行政なのです。3大学の設置に向けた講座編成とか学籍管理とかいう個別の問題を検討した結果としての設置審議会の結論は尊重すべきです。

 

3大学は文科省の厳しい指導の下、さまざまに改善改良を加えてきた結果、つまり大臣の部下たちの指導通りに改良を加えてきたから設置審議会をパスできたんです。それを社長たる大臣が一刀両断に否定し「駄目なものは駄目」と取り付く島もないというのでは部下たちを否定してしまうことになる。この先いっしょにやっていけないでしょう。部下たちと衝突して涙でその席を離れた外務大臣の時と同じじゃないですか。それは大臣としても繰り返したくなかったことじゃないですか?。

 

虚心坦懐、考えていただきたい。あなたが3大学の開校をつぶしたことで何のプラスがあるんですか。あなたも人の親ですから、開学をつぶされた大学に挑戦しようとしていた学生の親たちが今、どんなに不安な気持ちになっているかお分かりでしょう。3大学の関係者は、米国に留学するなど人一倍向学心に燃えた青春時代を経験した大臣が学生たちの挑戦の芽をつぶしてしまったことに怒りと驚きを訴えています。

 

お父さんの角栄元首相は、人づくりに携わる教師が卑しい心に追い込まれるようではいかんと待遇改善に立ち上がったほどの人だ。その熱い血を受けた大臣が、教育界を惑わすなんて何かの間違いだ。過日、本欄で緊急に大臣を中心に話し合って大臣の決定の出し直しをすべきだと訴えた。人間誰にも誤り、勘違いというのはある。大臣だって同じだ。とにかく大臣から直接3大学にも国民にも分かりやすい説明を急ぐべきだ。

 

川柳「朝囀」 いざの時 回転ドアに 滑り込め    (誠)

 

 

 

« 野田首相レベルの国になっちゃった | トップページ | まとまるのか、「第三極」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真紀子大臣、早く3大学に説明を:

« 野田首相レベルの国になっちゃった | トップページ | まとまるのか、「第三極」 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ