« 仮免のままでいいのか原子力規制委 | トップページ | 恩知らずばかりなんですよ »

2012年11月21日 (水)

橋下さん、自ら骨抜きですか

政治は政策を語っているだけじゃだめで、政党や組織を動かさなくちゃどうにもならないんです。日本維新の会代表代行の橋下さんが遊説カーの上からそんなことを叫んでいるニュース画面が飛び込んできた。橋下さんの一挙手一投足を取り上げてああこういったところでどうにもならないが、それにしても発言がコロコロ変わりますね。どれが本当の橋下さんか、選挙が近づくにつれて分からなくなってきました。

 

政治にとって政策が大切だ。政策が基本だ。そう言っていたのは橋下さんですよ。橋下さんが大好きな石原慎太郎さんと「減税日本」の河村名古屋市長が会談して連携の方向でまとまったという時に、不愉快そうな表情で「政治は政策、連携するには政策一致がまず基本ですよ」って吐き捨てるようにおっしゃってましたね。あれはどういうことですか。石原さんと河村さんが仲良くするのにヤキモチ焼いたんですか。

 

結果的に石原さんの「太陽の党」を西に沈めて、その前に「たちあがれ」もへたり込ませて、自分の「日本維新の会」へ飲み込んじゃった。その過程では石原さんの強引な主張を棒を飲むような思いで飲み込んじゃった。先日も書いたが「2030年代に原発ゼロ」というスローガンはどこへ消えたか分からないし、原発の「げ」の字も合流条件には出てきませんでした。石原さんと一緒になるために自分から柱になる政策を捨てたんですね。

 

それで「ご都合主義だ」「野合だ」って批判の声が上がったから、「政策至上主義」を打ち消しにかかっているんですね。信念めいたことを言えば、方向転換した時に言い訳に苦労する。当たり前の話です。大衆の耳目を集めたいのは分かりますが、あまりやり過ぎると自分で自分の尾っぽを噛んじゃうことになるんです。元々、あなたの思い切った発言、竹を割ったような一刀両断話法が魅力だったんです。

 

でも、思い起こせば関西電力大飯原発の再稼働に徹底反対だとおっしゃっていたのに、産業界の攻勢に「うわべだけ言ってたって仕方ないですわ」と折れてしまったり、怪しいところが目につきますね。企業献金禁止の旗も石原さんに配慮して撤回だそうじゃないですか。そんなことして約束を次々と骨抜きして、小骨一本残らないクラゲのようになっちゃうじゃないですか。橋下さんらしさは鼻っ柱だけじゃないでしょう。

 

政治を変えたい。世を変えたい。国会議員の力量不足を何とかしたい。橋下さんの志は尊いと思います。でも、結果を急いだり、人を利用したりしようとすれば、それは「仕掛け」や「駆け引き」になってしまいます。さもなければ、老獪な古臭い政治の餌食にされてしまいます。あなた自身がとても軽い政治の実践者、ピエロになってしまいます。

 

 

川柳「朝囀」 命をば 捨てる覚悟か 竜馬問う    (誠)

 

« 仮免のままでいいのか原子力規制委 | トップページ | 恩知らずばかりなんですよ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 橋下さん、自ら骨抜きですか:

« 仮免のままでいいのか原子力規制委 | トップページ | 恩知らずばかりなんですよ »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ