« 横浜では生徒が成績を書き換えられる? | トップページ | 首相は茶番劇の責任を取れ! »

2012年11月 7日 (水)

文科相はとっとと首にしろ!

失礼ながら、どうしてこんな半端人間が国会議員、それも人づくり国づくりの根幹を担う文部科学大臣なんかやってるんだろう。女左膳だ、じゃじゃ馬だ、ちゃぶ台返しだ、故障ラジエターだ 、とろくなあだ名がないのもむべなるかなだ。とっととくびにしろ!

 

もちろん今、日本の大学新設計画をぐちゃぐちゃにしてしまった田中真紀子文科相のことだが、案の定、最後は文部省の役人どもにコブシの下ろしどころを用意してもらってかっこうをつける。元々、大学の新設に関する審査や認可についてほとんど何の知識も持ち合わせていない。そのくせ私は実力派の女性議員なのだ、文部行政を大改革する道筋もたてられなかった過去の大臣とは違うんだ。そういう自惚れだけは強い。

 

そりゃあそうだろう。大実力政治家、今太閤とまで呼ばれた田中角栄元首相の娘であり、いっては悪いがその存在の大部分が親の七光りだか栄光によって支えられている。何を間違えたのか知らないが自民党時代には「わが国最初の女性総理だ」なんて騒ぎ立てた人たちもいる。先の民主党代表選挙を控えて党内に臆面もなく党代表選候補に推薦する人たちもいたほどだ。どれだけの資質があるのかも分からず、ただ人気頼みで政治をやっている人たちがいかに多いかという証拠だ。

 

かっこうをつけて3大学の新設に「不認可」と言ってしまったが、大学側の反発にびっくりするやら自分の浅慮に情けなくなるやら…日に日に消沈した。黙って見ていられなくなった役人が善後策をめぐらした。大臣に対する事務方の事前説明が不十分だったことにすれば大臣に傷がつかないで済むじゃないか、いや、それじゃあ大臣をかえって子ども扱いにする…悩んだ挙げ句が、設置認可の仕組みを見直し、改めた基準で結論を出しますという話になった。大臣が「不認可」と結論を出したのに結論を出すとはどういうことだ。子どもだましもいい加減にしろ!と叫びたくなる。

 

設置認可の仕組みを見直すのもそんなに簡単じゃないはずだが、今回に限って「1か月もあればできる」という。もちろん、見直しなんて口ばかりで基準の文言をちょっといじる程度に決まっている。たった1人のその任にもかなわぬ政治家のためにこれほど多くの人たちが迷惑をこうむる。そのことを大臣本人はしっかり受け止めているのか。それでなければ即刻、辞任させるべきだ。小泉内閣の時の外相時代に続いて2回目の混乱であり、2度あったことは3度目も危うい。

 

それより何より役人の悪知恵と姑息な手段で政治家、それも著名人の親族というだけでこんな「裏ワザ」がまかり通るのだということを国民にさらした。正義も信義もへったくれもない国になってしまったことをさらけた。これから国を背負っていこうという若者たちがそれを目の当たりに見てどう考えるか。それも人づくりを担う文科相が原因者になった2重3重のチョンボだ。本欄はこの騒ぎが起きた時に大至急、大臣を含めて協議し決定を出し直せと書いたが、それに加えて大臣の差し替えを求める。

 

 

川柳「朝囀」 口先が 力踏みつけ 勇み足    ()

« 横浜では生徒が成績を書き換えられる? | トップページ | 首相は茶番劇の責任を取れ! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 文科相はとっとと首にしろ!:

« 横浜では生徒が成績を書き換えられる? | トップページ | 首相は茶番劇の責任を取れ! »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ