« 文科省は病める教師を救えるか | トップページ | 全員助かったからいいじゃない »

2012年12月26日 (水)

安倍内閣発足-有言実行の政治を!

戦後間もない吉田茂以来の再登板という安倍晋三内閣が発足した。内閣の顔ぶれは新聞、テレビ辞令で洗いざらい報道済みで新鮮さも意外性も中ぐらいになってしまったが、それでも国民の期待と願いは並々ならぬものがある。

 

一部の新聞はまだ未練たらたら、組織を立て直して再起せよ、健全なる野党のあかしを…と野に下った民主党にエールを送っているが、とにかくひど過ぎた。政権交代の足がかりになった政権公約、マニフェストをほとんど実現できなかった。子育て世代をねらった子ども手当、暮らしに不安を抱く老人世代をねらった7万円最低保障年金…集票力にモノを言わせた公約ほどやれなかった。

 

そんな不誠実にもかかわらず、よくぞ3年あまりも政権にとどまれたものだと正直思う。駅前や街中の朝の辻立ちで鍛えた弁舌は見事…舌の先で攻撃を交わし、ねじ伏せてきた。だが、それだけじゃ限界がある。国民の目は節穴じゃなかった。3年で刀折れ、矢尽きた。「政権の正統性を問う」…徹底して正義の追求を続けた自民党、谷垣総裁(当時)が象徴的に法相で復活した。

 

安倍内閣にはまず、何よりも出来もしないことを出来るかのごとく言う政治をやらないでいただきたい。国民のなけなしの血税で義理立てをして喜ばせ、その見返りに「1票」を求めるような政治をやらないでいただきたい。それよりここまではできるが、これ以上はできない…ここまでサービスを切り込まなければならない、新たな負担との相談ずくになる…そういうことを正直に示してほしい。

 

国民は2度の政権交代で政権選択に対する怖さより自信を得た。だから、国民を裏切ったり失望させるようなことをやれば躊躇せず政権拒否に出るだろう。国会の解散にだって内閣総辞職にだってためらわず追い込むだろう。派閥の復活がささやかれているが、そんな古めかしい政治に逆戻りするようなことをやれば国会議事堂は怒りの国民によって取り囲まれてしまうだろう。

 

3年半の不作為によって地に落ちてしまった国力を回復し国に勢いを取り戻してほしい。若者がみんな働く場を確保し社会の一員として羽ばたけるような経済状況を創り出してほしい。若者が等しく希望を抱けるような社会にしていただきたい。弱き者、貧しき者が卑屈にならず幸せを実感できるような社会にしていただきたい。そういう社会の入り口に早く立ちたい。

 

川柳「朝囀」 1年も もたない初心 常なれば    (誠)

 

 

 

 

 

« 文科省は病める教師を救えるか | トップページ | 全員助かったからいいじゃない »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安倍内閣発足-有言実行の政治を!:

« 文科省は病める教師を救えるか | トップページ | 全員助かったからいいじゃない »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ