« 橋下市長、ぶれることなく募集停止貫け! | トップページ | この親たちにして、この子らあり »

2013年1月22日 (火)

バスケ少年の死は生かされたか?

橋下市長から入試中止要請が出ていた大阪・桜宮高校の体育科の扱いは、募集を中止し定員120人を普通科として募集、スポーツに特色を持たせたカリキュラムを組む、試験科目などは従来の体育学科と同じにする―で決着した。

 

結局、市長の入試中止要請に応じながら、実質は体育科生として生徒を迎え入れる、いわば「単なる看板の掛け替え」(長谷川恵一大阪市教育委員長)というかっこうで終わった。橋下市長が「教育的な視点から素晴らしい決定をしてくれた」と狂喜するような内容とは残念ながら思えない。新聞、テレビは「折衷案」と評価しているが、こんなお茶濁しの対応で体罰常態化の教育環境が改まるとは思えない。

 

入試の扱いをめぐる保護者や在校生たちの集会、会見発言を聞いていると、入試がいかに人間としてのやさしさや平常心を乱しているかを嘆かざるを得ない。「受験に向けて子どもが積み上げてきた努力を大人の都合で潰すことがゆるされるのか」「大人の議論に振り回される子どもがあまりにかわいそうだ」…何を言ってるんだとしかり飛ばしてやりたいような声ばっかりだ。

 

子どもたちが深く傷ついていることは誰も否定しない。多感な少年期にどんなにむごい話であろう。でも、忘れてはならない。みんなを傷つけた起因者は顧問教師の独り善がりの指導とそれを見て見ぬふりを続けてきた多くの教師たちだという事実だ。橋下市長を含めた教育関係者の議論は子どもたちを救済すべく続けられたのであり、非難されるような「大人の都合」なんかではない。

 

「市長は十分話をきいてくれなかった」「受験が邪魔されるなんて許せない」などと記者会見する子どもたちを新聞、テレビの記者たちはどう受け止めただろう。教師たちはどう感じたか。命を賭した1人のバスケットボール少年の自死はいたましい抗議というより受験直前の厄介ものとしか受け止められなかったとすれば、そんな不幸はない。絶対そんなことはないとあなたは言えるか。

 

 

川柳「朝囀」 少年の死 踏みつけ無残 名解答   ()

 

« 橋下市長、ぶれることなく募集停止貫け! | トップページ | この親たちにして、この子らあり »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バスケ少年の死は生かされたか?:

» 【爆笑】バスケの試合中コーチにパスが回ってきた!!!wwwwwwww [YouTube動画まとめブログ-GoodTube!!]
ロシアでのバスケットリーグ中、選手が間違えてコーチにパス!!www当然、得点にはなりませんがコーチも素晴らしいパスを魅せてくれていますね♪ [続きを読む]

« 橋下市長、ぶれることなく募集停止貫け! | トップページ | この親たちにして、この子らあり »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ