« 体罰自殺、話がどんどんゆがんでいく | トップページ | 柔道界は想像を絶する堕落の中だ »

2013年1月31日 (木)

真のスポーツ指導者いるのか

大阪・桜宮高校でバスケット部主将が顧問教師の体罰を苦に自殺した問題は、学校立て直しのために体育科入試を中止したら、市や市教委が受験生をいじめてるという話になるし、柔道女子日本代表の監督が選手たちに暴力をふるっていたのは、金メダルを求める国民の重圧のせいだとなっちゃう。おかしいじゃないか。

 

年端もいかない少年にビンタをくらわす、女子選手を殴りつける…そんなの顧問でも監督でもない。単なる暴れん坊だ。そんな顧問の下、それを見て見ぬふりをしてきた教師ばっかりの学校をそのままに新入生を迎えるわけにはいかないだろう。入試中止は新入生たちを守るためじゃないか。いじめているなんていう理屈がどこから出てくるんだ。

 

柔道女子監督だって暴力で選手が強くなるなんていう発想がおかしい。それは指導じゃなくて「しごき」だ。ましてやそこまでやらなければ選手たちを発奮させられないとすれば、自分に余程指導力がないからだって考えるのが普通じゃないか。どんなに意を尽くしても選手がついてこないなら、監督を辞めればいいじゃないか。監督を続けていたいというのは自分の名誉欲のためじゃないのか。

 

金メダルを求める国民の重圧のせいだなんてスポーツ記者や評論家のみなさんもよく言いますね。「柔道男子、依然、金ゼロ」「金メダル、○○選手の1個だけ」「メダル、ゼロに終わる」なんて大騒ぎして書いたり解説してるのはどなたですか。重圧をかけてるのは国民じゃありません。「国民」という言葉を利用するのは政治家だけで十分ですから、考え直してください。

 

相撲部屋で親方の暴力で有為な若手選手が死亡した事件、もう、忘れちゃったのだろうか。オリンピックで2度金メダルに輝いたやわらちゃんこと、谷亮子参院議員は問題の監督を「人間性の素晴らしい立派な監督だ」とおっしゃったそうだが、本心だろうか。そういう立派な監督が選手たちに連名で告発されるだろうか。いろんなところがおかしくなっている。

 

川柳「朝囀」 指導力 ないのがバレて しごきだす    ()

« 体罰自殺、話がどんどんゆがんでいく | トップページ | 柔道界は想像を絶する堕落の中だ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真のスポーツ指導者いるのか:

« 体罰自殺、話がどんどんゆがんでいく | トップページ | 柔道界は想像を絶する堕落の中だ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ