« 2足のワラジどころか3足だよ | トップページ | 手抜き除染、業者替えるべきだ »

2013年1月 9日 (水)

体罰自殺-そんな学校つぶしてしまえ 

将来のある少年を死に追いやるような行いが指導であるはずがない。それを見て見ぬふりをしてきた学校は教育機関ではない。人々はなぜ怒らない。なぜ戦おうとしない。自分の子どもだけが犠牲にならなければいいのか。そんな学校に子どもをあずけて平気なのか。闇の社会じゃないか。

 

大阪の市立桜宮高校で男子バスケットボール部の2年生男子が顧問の体育教師の度重なる体罰に苦しんだ上、自宅で首をつって死んだ。死に損だ。だって、体罰を加えていた顧問の教師に直接宛てた遺書を残していたというのに、学校も市教委も警察も自殺が体罰とつながりがあるかどうか調べるなんて言ってる。ひどい体罰に対する悩みを友人たちにも相談していたというじゃないか。

 

まさか「自殺は体罰を苦にしたものではない」なんていう発表にならないだろうな。学校や市教委の意を戴した第三者委員会とやらに委託してそういう話にしてしまおうなんてことにならないだろうな。体罰の情報は以前から市教委にも届いていたのに顧問に話を聞いただけで済ませていたという。市教委が男子生徒を顧問教師の暴力のさらしものにしたとさえいえる。

 

47歳。円熟した年代だ。自分にも男子生徒と同じくらいの子どもがいても不思議でない。バスケットボール部を全国大会に出場させたこともあるという。だから少々の体罰は許されるというものではない。男子生徒がキャプテンだったから、気持ちを発奮させるために体罰的な指導をしてしまったと顧問は話しているようだが、生徒たちは顧問の名声をあげるための道具じゃないんだ。

 

桜宮高校では男子バレーボール部の顧問教師がやはり体罰で3か月の停職処分を受けたこともあるという。そこまで無茶をしてクラブ活動を盛り上げなければならないようなところに教師たちが追い込まれているのか。それとも栄達心や名声欲の塊みたいな体育教師が集まってくる伝統があるのか。そんな学校ならつぶしてしまえ。文部科学省も理屈をこねていないで体罰教師を追放すべきだ。

 

 

川柳「朝囀」 橋下さん 国政よりも 足もとだ    ()

« 2足のワラジどころか3足だよ | トップページ | 手抜き除染、業者替えるべきだ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 体罰自殺-そんな学校つぶしてしまえ :

« 2足のワラジどころか3足だよ | トップページ | 手抜き除染、業者替えるべきだ »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ