« マッチポンプだよ! 民主党 | トップページ | 3年半で血税37億円消える »

2013年1月15日 (火)

安倍政権のどこが右傾化か

 中国共産党の機関紙「人民日報」が、中国と韓国が協調して警戒しようという評論を掲げるなど日本の右傾化を懸念する動きがある。政治体制が異なる国が何を言おうが自由だが、わが国を代表する著名な評論家や新聞、テレビまでが安倍政権を安直に右傾化呼ばわりしているのは少なからず気になる。

 

何をもって右傾化というのだろう。憲法改正を唱えるからだろうか。自民党は憲法改正を党是として誕生した改憲政党だ。憲法を改正して恒久平和の理念や戦争放棄の理念を塗りつぶそうとしているなら問題だが、9条の精神を守りながら自前の平和憲法を策定しようというのに何の問題があろう。自衛隊の改組は再軍備ではない。時代に合致した防衛組織にしようというのだ。

 

北方領土、竹島、尖閣諸島を隣国が勝手に踏み込むことを許し、領土を脅かされる元をつくった民主党政権の失政をただし、領土主権の確立を図ろうとすることが右傾化だろうか。その民主党は尖閣諸島の国有化を強行して隣国と国交断絶寸前の危機に陥れたまま政権を去った。40年の歳月を費やし築いた日中国交・友好関係をぶち壊しておきながら右傾化批判ではみもふたもない。

 

かつて日本の政治体制や統治構造を破壊しようと活動した人たちから見れば自民党政権に変わることはそれ自体が右傾化かもしれない。共産党一党支配を続ける中国からすればその対極に位置する自民党政権になることは右傾に違いない。それをことさら騒ぎ立てて極端な政治体制になるかのごとく言いふらすのは信義にもとる。その他国の宣伝をそのまま口移しに喧伝することは騒乱そのものだ。

 

こんな情けないことになってしまうのはわが国が正しい思想教育を怠ってきたために、いや、思想を持たないように教育が行われてきた結果として、国民が自らの「立ち位置」が分からなくなってしまったのだ。メディアはもちろん評論家も学者も無責任に「右傾化」などと口にしないでもらいたい。保守化ではあっても左翼政治の対極にある右翼政治ではない。

 

川柳「朝囀」 根なし草 右も左も 分からない    ()

« マッチポンプだよ! 民主党 | トップページ | 3年半で血税37億円消える »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安倍政権のどこが右傾化か:

« マッチポンプだよ! 民主党 | トップページ | 3年半で血税37億円消える »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ