« 勉強、スポーツで二分する教育 | トップページ | やっぱりスポーツ推薦制が悲劇の根源だ »

2013年2月27日 (水)

自民党にも五分の魂

 

 

自民党が国民新党の自見庄三郎代表の復党を拒否するという。当然だ。

妙な心を出して…と思ったが、よかった。

こんな虫のいい話を受け入れたら世の中にケジメも倫理もなくなっちゃう。

道徳を小中校で教科化する前に政界でやらなければならない。

政治家の風上にも置けない政治家とはこういう人のことだ。

 

自見氏といえば、あの小泉郵政民営化に反対して亀井静香氏と一緒に自民党に砂をかけて飛び出し、自民党に抵抗してきた。

先の衆院選でも「自民党ではダメだ」と対抗勢力の先頭に立った。

ところが当選したのは野間健氏1人で参院議員の自分を含め国会議員は3人になっちゃった。

 

3人じゃ政党交付金ももらえない。

自ら改選期になる夏の参院選挙を勝ち抜ける見通しも立たない。

それなら自民党の比例代表候補として戦えばいい…自民党に復党すればいい。

比例代表議員が選挙で争った党へ移ることも禁じられているが、自民党に国民新党を吸収合併してもらえばいい…そう考え、自民党に申し入れた。

 

自民党もなめられたもんだ。

ドロボウに開き直られて強盗をゆるし、その上身内にするようなものだ。

でも、焼きが回った、ケジメを忘れたと言われる自民党にも五分の魂があった。

「ふざけるな!」と一喝のもと、はねのけることになった。

野間衆院議員(鹿児島3区)浜田和幸参院議員(鳥取選挙区)の2人の合流も拒否する。

お三方の選挙区のみなさん、あなたたちの選び方に問題があるんです。

政治を批判する前にそのことを自らに問うていただきたい。

 

 

川柳「朝囀」 自見さん 地味さ光って 政治です   ()

 

 

« 勉強、スポーツで二分する教育 | トップページ | やっぱりスポーツ推薦制が悲劇の根源だ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自民党にも五分の魂:

« 勉強、スポーツで二分する教育 | トップページ | やっぱりスポーツ推薦制が悲劇の根源だ »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ