« 就活学生がんばれ! 先んずるが勝ちだ | トップページ | 自民党にも五分の魂 »

2013年2月26日 (火)

勉強、スポーツで二分する教育

「勉強がダメならスポーツで頑張らせるしかない」。進路指導の先生だけでなく県教委の幹部から何度も聞いた。

高校、中学の職員室では進路指導時期にはどこでも聞かれる言葉だ。

これが日本列島にまん延している。

その発言を校長も教頭も教育委員会も受け入れている。

 

こういう教育環境の先に体罰やしごきがあるのだ。

「勉強がダメ…」という言葉に生徒は逆らうこともできない。

親は何のためらいもなく「厳しく仕込んでください」と指導教師にいう。

指導教師はその親のひと言がいつでも言いわけに使える。

生徒が不満を言えば「親から頼まれてるんだ」といって抑え込んでしまう。

 

親の言葉に加えて指導教師にはもう一つの殺し文句がある。

文句があるならやめろ! 私の推薦がなければ高校へ行けないんだぞ!

「高校へ行けない」…これでは生徒は黙るしかない。

特に技量や能力が中途半端な生徒には決定的な言葉だ。

優秀な生徒はそういう仲間の苦しみを本当には理解していない。

 

「ヤワラちゃん」こと生活の党の谷亮子参院議員が、文教科学委員会で「私が現役の時は練習場に観客が大勢いたから(指導者が)暴力をふるえる環境になかった」と語ったそうだ。

国民的英雄ともいうべき優れた選手には指導者がやたらに口を出さない。

いや、余計なことは言えないのだ。

問題は技量も能力も一定の水準に届かない生徒たちのことだ。

 

アップ、ダウンや助走の段階でも指導者の目にとまりやすい。

要領も悪くて、指導者の反発を買いやすいこともあろう。

名をなし、功をとげた人たちの話は本質をボカすだけで参考にもならない。

申し訳ないが、新聞やテレビが続けている英雄の体験談は即刻やめてほしい。

人間の価値を「勉強」か「スポーツ」で二分している教育を変えようよ。

 

 

川柳「朝囀」 体罰も しごきも親の 免罪符   ()

 

« 就活学生がんばれ! 先んずるが勝ちだ | トップページ | 自民党にも五分の魂 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 勉強、スポーツで二分する教育:

« 就活学生がんばれ! 先んずるが勝ちだ | トップページ | 自民党にも五分の魂 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ