« 鳩山さん、なんで今ごろ沖縄へ? | トップページ | 就活学生がんばれ! 先んずるが勝ちだ »

2013年2月23日 (土)

政治家は本当に勝手気ままだ

政治家は本当に勝手気ままだと思う。

国民新党の自見庄三郎代表が自身が改選になる夏の参院選で自民党の比例代表候補として出馬したいと、復党を申し入れた。

それだけじゃない。比例代表議員が選挙で争った別の党へ移ることを禁じているので、同時に国民新党を吸収合併してほしいと要請した。

 

こんな馬鹿げた要請を自民党が飲むのだろうか。

自見氏と言えばあの小泉郵政民営化に反対して亀井静香氏と一緒に自民党に砂をかけて飛び出した、亀井氏と同様に静かでも地味でもない、派手な政治家だ。

先の衆院選では野間健氏1人が当選しただけで国会議員は3人になっちゃった。

存続が怪しくなって元の古巣に泣きついたわけだ。

 

先の自民党も公明党も賛成し成立した改正郵政民営化法に自分も賛成した。

行き過ぎた地方の切り捨てはいけないという信念でやってきた。

つまり、今は自民党と政治姿勢は同じだと強調した。

勢いがある時は威猛々しいが、勢いを失えばひれ伏して命乞いをする。

「政治稼業」を続けるための方便じゃないか。

恥ずかしくないのか。

 

そういえばこの人もケジメがない。

衆参両院で構成する裁判官訴追委員会の委員長に選任された鳩山邦夫氏だ。

当選11期という国会議員生活の中で自民党を離党、復党を繰り返し、今や何と3回目の自民党衆院議員だ。

テレビ番組「笑点」・「大喜利」の座布団運び、山田隆夫もびっくりするような出たり、入ったりだ。

いつ復党したのかと思ったら、昨年の12月28日、御用納めの日だった。

 

民主党が党大会の来賓に民主党を離党、除名した日本維新の会の松野頼久国会議員団幹事長らを招く話もケジメのない話だ。

みんなの党の浅尾慶一郎政調会長、生活の党の鈴木克正昌幹事長も呼ばれているそうだが、呼ぶ方もそうだがノコノコ出かけていく方もどうかしている。

参院選の野党共闘に向けての「仲良し作戦」だそうだが常識外だね。

自分たちが除名し追放した罪人にも助けを求める。

「落ち目にはなりたくないもんだ」と国会では笑いものになっているそうだ。

 

川柳「朝囀」 自身(じみ)かわい 政治家みんな その程度   (誠) 

(

)

 

 

« 鳩山さん、なんで今ごろ沖縄へ? | トップページ | 就活学生がんばれ! 先んずるが勝ちだ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 政治家は本当に勝手気ままだ:

« 鳩山さん、なんで今ごろ沖縄へ? | トップページ | 就活学生がんばれ! 先んずるが勝ちだ »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ