« 野田さん、あなたの泣き言など聞きたくない | トップページ | 政治家の皆さん、もっと謙虚になったら! »

2013年3月25日 (月)

改善怠るなら選挙ボイコットだ

 

2013年3月25日は、国会にとって屈辱の日となった。

国会が憲法を踏みつけにすることはもう許されない。

1人ひとりの国会議員が私利私欲を捨てて国民有権者の基本的権利である「1票の価値」の平等を保障した選挙区割りの確立に心を一つにしなければならない。

もし、怠るようなら私たち国民からあえて反逆に出るしかない。

 

「1票の格差」が憲法違反でなおかつ選挙無効、やり直しとなる歴史的な判決は広島高等裁判所で言い渡された。

昨年12月16日の衆院選挙で「1票の格差」が最大2・43倍あったことについて、広島高裁広島1区と2区を対象とした裁判で「無効」との判決を言い渡した。

判決の効力は、今年の11月26日の経過をもって発生するとの条件を付けた。

国政選挙で無効とする判決が言い渡されるのは戦後初めてだ。

 

選挙管理委員会が上告すれば裁判が続くため、今回の判決ですぐは選挙が無効になるわけではないが、判決が確定すれば無効になった選挙区では議員の当選が取り消され、選挙がやり直しされることになる

国会は去年、格差を是正するため小選挙区を5つ減らす「0増5減」の法律を解散当日に成立させたが、選挙は最高裁が「憲法違反の状態」と警告した4年前の選挙と同じ区割りで行われた。

 

東京、札幌など5つの高裁は「十分な時間があったのに、格差の是正をしなかった」と不満をつけて「違憲」判決を示したが、選挙を無効・やり直しとすることは混乱が大きいとして判断から外す、いわゆる事情判決を執った。

しかし、広島高裁筏津順子裁判長はその事情判決をあえて執らず、無効・やり直しを求める判決で国会に決断を迫った。

 

国会は真摯に受け止めるとは言うが上告による時間稼ぎを狙っている空気もある。

「1票の格差」是正の選挙制度改革は与野党の党利党略の衝突で遅々としている。

独立した第三者機関に委ねるべきだという声など聞き入れる人たちではない。

結局は自分たちの利害のつじつま合わせの是正策でお茶を濁すことになる。

だから、すぐ格差拡大で憲法の精神を損ねることになる。

それならそれで、私たちが選挙をボイコットし選挙を成立させなければいい。

そこまでやらないと選挙は国民の元に戻ってこないだろう。

 

川柳「朝囀」 憲法が その足のけろと 怒ってる   () 

 

 

« 野田さん、あなたの泣き言など聞きたくない | トップページ | 政治家の皆さん、もっと謙虚になったら! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 改善怠るなら選挙ボイコットだ:

« 野田さん、あなたの泣き言など聞きたくない | トップページ | 政治家の皆さん、もっと謙虚になったら! »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ