« 新聞、テレビは被災地を守っているか | トップページ | いじめ死に鈍感すぎる教育界 »

2013年4月 2日 (火)

栄誉賞を傷つける品格のない国

何と品格のない人間どもだ。

長嶋、松井の国民栄誉賞の師弟受賞に早過ぎるだの、ほかに受賞すべき人がいるだのと文句をつけている。

栄誉賞たるものを傷つけるようなことを言いふらして恥ずかしくないのか。

自分の選考尺度が国を代表するような人の選考に通用すると考えているとすれば、それはお門違いだ。

 

功績を言うなら後先が問題になるかもしれない。

でも、それは功労賞や文化賞の範疇の話だ。

ノーベル賞もそういう範疇の賞だろう。

栄誉賞というのはそれとは違って、その人の存在が人々に心豊かな時代をもたらしたかどうかが大切なのであって、選ぶ側はそこを重視する。

 

三冠王を3回もやり監督としても日本王者を何度も勝ち取った勝負の神さん、米大リーグに乗り込んで2回のノーヒット・ノーラン試合を演じ大リーグに日本野球を根付かせた竜巻投手もいる。

この人たちも紛れもない受賞候補者で、近い将来国民の喝采を浴びるだろう。

受賞が早いか遅いかで栄誉の軽重や人の価値が決まるわけじゃない。

 

私にはまだやることがあると言って受賞を辞退した人もいる。

それを受賞の対象にもならないような人たちが言いたい放題を言うからおかしくなっちゃうんだ。

ミスターの受賞にあわせて松井を添えて師弟受賞を演出したんだとか、松井の5月の引退式に間に合わせたんだとか、野球ファンをやめてもらいたいね。

 

長い間野球のお陰でメシを食い家族を養ってきた大評論家が「松井の受賞はなぜ今なのか」なんてもっともらしいことを語っているのは笑止だ。

「大物社主がゴリ押ししたんだ」などと思い付きでよく言える。

さんざん受賞の喜びを語らせた後でこの騒ぎではご本人たちも気まずいだろう。

栄誉賞そのものが傷ついてしまったじゃないか。

 

そういうスポーツジャーナリズムが、全柔連の不明を持ち出すまでもなく、スポーツ界の堕落を招いているのだ。

子どもの書初めコンクールや絵画展の受賞をめぐって文句を並べているママゴンたちと何も変わらないではないか。

そんな下品な国民から栄誉賞をもらったってうれしくも何ともないだろう。

 

川柳「朝囀」わけ示せ 団交世代の くせが出る  () 

« 新聞、テレビは被災地を守っているか | トップページ | いじめ死に鈍感すぎる教育界 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 栄誉賞を傷つける品格のない国:

« 新聞、テレビは被災地を守っているか | トップページ | いじめ死に鈍感すぎる教育界 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ