« 強気だけだった野田政権の外交 | トップページ | 新聞、テレビのニュース感覚狂ってる »

2013年4月11日 (木)

いつまで許す、北朝鮮のやりたい放題

いつまでこのならず者国家にふり回され続けなければならないのか。

いつ、どんなミサイルを、どっちに向けて発射してくるのかも分からない。

備えるにしてもどこでどう備えればいいのかも分からない。

正直言って偵察だって迎撃だってどれだけ正確か分からない。

壊滅的な打撃になるかもしれない。

 

日、米、韓3国は中距離弾道ミサイル「ムスダン」など複数のミサイルを「いつでも発射に踏み切れる」状態に入ったとみる。

米、韓両国は偵察衛星などを使って24時間体制で北朝鮮の動向を追っている。

中国政府が国内の旅行会社に対して北朝鮮への観光ツアーの停止を指示するにおよび緊張感を高めている。

その慌てぶりをもてあそぶように北朝鮮は挑発を続けている。

 

日本政府も国民の安全を全責任もって守ると強調、警戒監視を強めている。

だが、どこに、いつミサイルの着弾、あるいは破片落下などの危険が降りかかるのかは皆目見当がつかない。

まして地方では見当もつかない話だ。

地域の不安は日に日に募り、子どもたちの通園、通学の安全をどう確保するか学校や家庭の不安が高まっている

 

日、米、韓の3国合わせてざっと5億人の人々を不安のどん底に突き落として何がうれしいのだろうか。

それも核の脅威を突きつけてである。

ならず者、悪の枢軸と呼ばれても仕方がないだろう。

国際社会のはぐれ鳥、鼻つまみになって幸せなんかあるわけないだろう。

 

それは国際社会としても考えなければならないことだ。

国連は毎回のように安保理で制裁を論ずるだけで進歩がない。

国連に指導力を求めるのが筋違いなのかもしれないが情けない。

それに非力なのは人類社会そのものだ。

それは国際世論という言葉で置き換えてもいいかもしれない。

未熟国家に進路を説く国際世論、国際言論がないことが悔やまれる。

 

川柳「朝囀」 稚児のごと わがまま三昧 打つ手なし  ()

« 強気だけだった野田政権の外交 | トップページ | 新聞、テレビのニュース感覚狂ってる »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いつまで許す、北朝鮮のやりたい放題:

« 強気だけだった野田政権の外交 | トップページ | 新聞、テレビのニュース感覚狂ってる »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ