« 体罰自殺…報告書という幕引き | トップページ | 一足のワラジを履き切れ、橋下市長 »

2013年5月 3日 (金)

こんな判定では自殺生徒は浮かばれない

憲法違反だが、無効(選挙やり直し)ではない―「1票の格差」をめぐって高裁や最高裁からそんな判断・判決が出るたびに不信感を募らせてきた。

「いじめはあったが、それが一直線に自殺につながったとは言えない」。

兵庫県川西市で昨年9月に自殺した高校2年の男子生徒をめぐる県教委の第三者委員会の報告を読むと全く同じような不信感に陥ってしまう。

 

男子生徒は同級生3人から「虫」とあだ名をつけられ、虫の死骸を椅子に置かれたりするといういじめを受けていた。

県教委が設置した第三者委員会は、そのいじめの存在を認め、それが無力感を生み、孤立感を強めたと認定した。

しかし、その先は「(いじめと自殺を)一直線に結びつける明らかな事実は見出せなかった」と因果関係を否定した。

 

捜査の最終段階、立件寸前で容疑者を逮捕できなかったような口惜しさだ。

遺書があったにしても「一直線に」因果関係を断定することはできない。

極端なことを言えば因果関係は本人にしか分からない。

自死に至った因果関係は一つじゃなく、いくつか重なっている場合もあるだろう。

でも、「虫」とあだ名されたり、虫の死骸を椅子に置かれたりというひどい仕打ちを受けたら、それは大きな原因と考えるべきだ。

 

現実にそのいじめが自尊心を低下させ、無力感をより強めたと第三者委員会は認定したではないか。

そこまで認定しておきながら、3人の同級生の行為は「いじめの存在をつかむ手がかりとなり得るものではある」とし、男子生徒の自殺とは直結させない結論を探しているように思えてならない。

 

この男子生徒の自殺をめぐっては兵庫県警が同級生3人を侮辱容疑で書類送検、川西市の子どもの人権救済機関「オンブズパーソン」もいじめや孤立感が自殺の原因となった可能性は極めて高い、との調査報告書を発表している。

この2つの異なる判断をどう理解すればいいのだろう。

遺族は第三者委員会の報告にとても納得できないだろう。

死者には口がないからこそ、悼む心で判断すべきだと考える。

 

川柳「朝囀」 死をもって 訴えた叫び 掻き消され  ()

« 体罰自殺…報告書という幕引き | トップページ | 一足のワラジを履き切れ、橋下市長 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こんな判定では自殺生徒は浮かばれない:

« 体罰自殺…報告書という幕引き | トップページ | 一足のワラジを履き切れ、橋下市長 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ