« お粗末な猪瀬舌禍、これで東京五輪招致はなくなった | トップページ | 体罰自殺…報告書という幕引き »

2013年5月 1日 (水)

約束守らないのは民主党でしょ、野田さん

民主党の野田佳彦前首相が政権転落以降、久々に街頭演説に立ったそうだ。

衆院小選挙区定数の「0増5減」の新区割りを実現して違憲状態からの解消を進めようとしている安倍晋三首相を「おかしい」と批判したという。

失礼ながらこの人だけには政治批判をしてほしくない。

大体、批判できるようなことやってこなかったじゃないか。

 

昨年11月に党首討論で衆院解散と引き換えに今国会中の定数削減を約束したことを取り上げ、「0増5減」だけを約束したのじゃないと力説した。

つまり、定数削減とセットの約束だったというのだ。

冗談でしょ、定数削減といっしょに話し合いをはじめたら党利党略むき出しで一歩も進まないでしょ。

議論の足を引っ張るのは民主党じゃありませんか。

 

今国会での改革実現となればとにかくどっちか絞らざるを得ない。

それに「1票の格差」を違憲、無効と判決され、その解消を優先するのは当然だ。

民主党はいつから憲法軽視に転じたんですか。

国会が憲法を踏みつけている状況は誰が考えたって正常じゃないでしょ。

もちろん、与党は「0増5減」だけで後は知らんとは言ってないじゃないか。

 

そんなことだから離党者が相次ぎ、今や野党第1党の座も危ないんです。

「0増5減」法案審議をボイコットし、「定数削減」「抜本改革」と叫んでいる姿は反対のための反対としか映らないんです。

野田さん、あなたの無思慮な尖閣国有化強行が日中関係をここまで混乱させてしまったことに何か言ったらどうですか。

 

一国のリーダーとしてあなたは何を残しましたか。

「総理大臣、野田佳彦」の名を個人史に残しただけではむなしいでしょう。

自分が総理の時代にやれなかったことで他人を責めるなんて卑怯です。

富士山の世界遺産登録確実の朗報で迎えた朝なのにあなたのニュースで喜びもすっかり萎んでしまいました。

言わぬが花―っていうこともあるでしょう。

 

川柳「朝囀」 約束を 守らないのは どっちかな  () 

« お粗末な猪瀬舌禍、これで東京五輪招致はなくなった | トップページ | 体罰自殺…報告書という幕引き »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 約束守らないのは民主党でしょ、野田さん:

« お粗末な猪瀬舌禍、これで東京五輪招致はなくなった | トップページ | 体罰自殺…報告書という幕引き »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ