« もう柔道には興味の欠片もなくなった | トップページ | 加藤コミッショナーに責任の取り方教えてやれ! »

2013年6月14日 (金)

なんでこんな人物をコミッショナーにしたんだ!

これも肩書と高禄に群がる「スポーツ貴族」病の一つだ。

プロ野球の統一球変更への関与を否定した上、「不祥事とは思っていない」発言をした加藤良三氏は、コミッショナーの資格がない。

選手やファンに形ばかりの謝罪で逃げ切ろうとしている。

 

飛ぶボールに変更したことよりも「知らない」「聞いていない」と責任逃れをしている根性がさもしい。

コミッショナーといえばプロ野球運営の代表責任者だ。

その下す指令、裁定、採決は最終決定である。

最高にして最終の責任者である。

 

一番問題なのは、統一球が飛びやすいように変えられていたことが選手やファンに知らされていなかったことだ。

加藤氏に知らされていなかったことは指導力・統率力の問題であって、別な言い方をすればコミッショナーの態をなしていないのだ。

その重責に座している資格さえないのだ。

 

それを「知らなかった」「聞いていなかった」なんていうのは、自分が「お飾り」にされていることを公言するようなものだ。

威猛々しく振る舞うこと自体がお門違いである。

事態はすでに“火消し“や”幕引き“の段階ではない。

 

なぜ、こんな人物をコミッショナーなんかにしたんだ。

外務省の局長時代、北朝鮮による拉致被害の家族会が救出陳情に訪れるといつも迷惑顔をしてつれなかった、と家族会の人たちが嘆いていた。

外交畑においてさえ最も人間味の薄い人だったのだ。

その人が選手やファンのことを気遣うはずがない。

 

この人の「駐米大使」そのものが外務省のミス人事であり、コミッショナーにまつりあげた球団のオーナー会議の肩書主義のミス人事である。

「大物」と「小物」とを取り違えたのだ。

法曹界や官界に頼っていれば間違いはない―球団オーナーたちが球界を自ら見下した結果がこんな形で跳ね返ってきたとは皮肉過ぎる。

 

 

川柳「朝囀」 責任の 取り方知らぬ コマッタナー  ()

« もう柔道には興味の欠片もなくなった | トップページ | 加藤コミッショナーに責任の取り方教えてやれ! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なんでこんな人物をコミッショナーにしたんだ!:

« もう柔道には興味の欠片もなくなった | トップページ | 加藤コミッショナーに責任の取り方教えてやれ! »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ