« 信じられない小沢氏の平野批判 | トップページ | 地に墜ちた東大、盗人あり詐欺師あり »

2013年7月25日 (木)

無責任、今や液体評論の国だ

 新聞、テレビ各社が野党に団結、結束を呼び掛ける報道を展開している。

「ねじれ」が解消して与党政治の流れが良くなることが気に入らないらしい。

国会審議が止まって日銭何億円という税金の無駄づかいをさせたいらしい。

平たくいえば政治がうまくいくことが嫌いなのだ。

 

 民主党、日本維新の会、みんなの党の中堅・若手議員が会合を持つ計画であることを鬼の首でも取ったように喜んでいる。

もちろん、自・公の安定与党の前に立ちはだかる勢力が登場することを期待してのことだろう。参院選の世論調査で自民圧勝の傾向が浮かび上がると「これは大変だ。何としても阻止しなければ…」と気色ばんだ。

 

 それからというもの自民一強、与党安定数に対抗させるべく、独走、暴走を許すなの論調一色だ。そして野党には「結束せよ」「団結せよ」と叫び続けている。

冗談ではない、国を取り巻く現下の状況が見えないのか。

アジアの隣人から領海、領土を脅かされ、一触即発の危うさにある。

経済政策だっていつ足もとを揺さぶられるか分からない情勢だ。

 

 TPPだって与野党対決の政争の具じゃなく国をあげての改革テーマ。

政権を倒す前に国を崩壊させるようなことになっては困るだろう。

野党に求められるのは国難を切り抜けるために与党に協力することである。

そのために国民は投票によって与党に数を与え、ねじれを解消したのだ。

政局づくりにうかうかと乗せられていれば気がついた時は政党がないだろう。

 

 危機感も緊迫感もない現下の状況をあえて液体評論の時代と命名する。

長い平和と過保護の時代が作り出した根なし草評論の時代だ。

政治家にいたずらに政権交代論を説かれ、その方便づくりを許してしまうのは国民が民主主義の主人公になっていない証明だ。

その危うさに気づいてもいない液体評論士たちに乗せられるな。

 

 

川柳「朝囀」 国亡びて 暴論ありが そこにある  ()

 (朝のさえずり)

 

« 信じられない小沢氏の平野批判 | トップページ | 地に墜ちた東大、盗人あり詐欺師あり »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無責任、今や液体評論の国だ:

« 信じられない小沢氏の平野批判 | トップページ | 地に墜ちた東大、盗人あり詐欺師あり »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ