« 無責任、今や液体評論の国だ | トップページ | 橋下さん、党の名前を「保身の会」にしたら? »

2013年7月26日 (金)

地に墜ちた東大、盗人あり詐欺師あり

 研究論文をねつ造する教授がいるわ、研究費をだまし取る教授がいるわ、いやはやわが国最高の学府たる東京大学はどうなってしまったんだ。

学習量と記憶量で選別し知の頂点と自惚れている間に教える側が頭も心も空洞化し、善悪の見境もない人たちの塔になり下がってしまったらしい。

 

 架空の研究費を請求して国民の税金をかすめ取った政策ビジョン研究センター、秋山昌範元教授の犯行手口はいとも幼稚だ。皮肉を込めれば東大の研究所長としてはお粗末すぎる。元教授となっているのは悪事がバレて退職したからだ。

研究事業を業者に発注したことにして納品書と請求書を作って大学に提出しウソの研究費をだまし取った。判明しただけで2180万円、大金だ。

 

 もう1つは分子細胞生物学研究所の加藤茂明元教授グループによる論文改ざん事件だ。あやしいというので大学の調査委員会が過去16年さかのぼって調べたところ、165本の論文のうち何と43本が改ざん、ねつ造だった。

もちろん、すべて撤回されて紙切れにされるが、驚いて口が塞がらん。

相当に組織の腐敗が進んでいるに違いない。

 

 なぜかって論文はいずれも多くの研究者がかかわった共同研究であり、なぜ不正が繰り返され、見逃されてきたのかだ。

同一画像の使い回しや反転して別の画像に見せかけるようなことをしていたといい、意図的かつ悪質だ。

東大の医学系研究者が誰もそれに気づかないなんてあり得ないじゃないか。

 

 東大の学術研究に対する社会的信用は根底から損なわれた。

若い研究者たちを失望させたことも罪深い。

不正に受給した研究費は返還してもらうこともあり得ると文部科学省は言っているが、たわけたことを言ってるな…返還させるのは当然だ。

大学人もたちが悪くなった…こんな出来そこないの大学人が次代の担い手を作れるのか。学生たちによる評価が常識化するのも無理ない。

 

 

 川柳「朝囀」 赤門を 盗っ人詐欺師 かっ歩する  ()

 (朝のさえずり)

 

« 無責任、今や液体評論の国だ | トップページ | 橋下さん、党の名前を「保身の会」にしたら? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

東大の先生ともあろう者が稚拙な詐欺をよくやるね。「助けて詐欺」の方がもっとましな手を使う。
国も人の金だと思って気安く騙され支給しているよ。補助金の審査は如何なっているの、しないの例の税金のバラマキですか。必要とする所には行かない国民が騙され続けている例のお粗末な補助金話

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地に墜ちた東大、盗人あり詐欺師あり:

« 無責任、今や液体評論の国だ | トップページ | 橋下さん、党の名前を「保身の会」にしたら? »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ