« どこが悪いのか、首相の休暇ゴルフ | トップページ | ゴルフ、ゴルフと騒ぎなさんな »

2013年8月15日 (木)

終戦の日、3つの誓い心新たに

 8月になると「3つの誓い」を思い出す。特別に国が公式に決めたものではない。日本国中の人が「あの日」、心に刻んだはずの思いだ。

もう、金輪際、戦争なんかしない。貧しくともみんなで力を合わせて生きていこう。戦争で迷惑をかけた国々に心からお詫びをしよう。

そう誓ったはずなのだ。

 

 恐らく日本人が最も素直で人間らしさを取り戻した一瞬だったと思う。

だが、それもわずか5年そこそこで吹き飛んでしまった。

朝鮮戦争とともにやってきた「戦争特需」で復興の足がかりをつかみ、その後は工業の勃興と地方への広がり、所得倍増、列島改造、先進国へ仲間入りと躍った。

急激な発展は人々の心をゆるめ、勝手気ままが横行するようになった。

 

 「あの日」、敗戦の日から68年、今こそ「3つの誓い」を心新たにしよう。

「世界の孤児」になりかかった国を仲間として迎え入れてくれた国々に感謝する心を忘れてはならない。国が豊かになったって、国民が貧しいままであってはならない。もちろん、あの悲惨な狂気の戦争に歯車を戻してはならない。

戦争に「いい戦争」「正当な戦争」なんかあるはずがない。

 

 「あの日」、私は5歳だった。戦争の恐怖は心の髄まで浸み込んでいる。

生まれて間もなく開戦、恐怖のるつぼでの中で育った。母の後を追って防空壕に逃げ込む日々だった。「あの日」、防空壕の前、柿の木の下で母や近所の人たちが泣いていた。木箱の上に置かれたラジオから声が流れているのをみんな聞いていた。それが玉音放送だということを小学校に上がってから先生に聞いた。

 

 恐怖が一生の原体験になるようなことは私たちだけでいい。

もちろん若者たちを戦地に送り込んで無駄死にさせることも兵器を持たぬ国民を戦火に苦しめ死に追いやる狂気は繰り返してはならない。

英霊や戦争犠牲者の霊を悼む事は忘れてはならないが、戦争を美化したり美談にすることは絶対にあってはならない。戦争を知らない世代には特にそのことを心からお願いしたい。

 

 「あの日」もこんな焼けつくような猛暑だった。

「あの日」を思い出してくれ! 英霊や戦死者が私たちに呼びかけているのだ。

国民1人ひとりが静かに手を合わせ英霊や戦死者を悼むやり方が一番自然だ。

ぞろぞろと黒ずくめの集団で参ずるのがふさわしいのかどうか。

そこに英霊や戦死者への悼み以外に何か狙いがあるとすれば戒めたい。

間違いのない道を歩んでいます…英霊や戦死者に胸を張って報告できるか。

 

川柳「朝囀」 めぐりくる 平和の誓い セミしぐれ  ()

 (朝のさえずり)

 

 

 

« どこが悪いのか、首相の休暇ゴルフ | トップページ | ゴルフ、ゴルフと騒ぎなさんな »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 終戦の日、3つの誓い心新たに:

« どこが悪いのか、首相の休暇ゴルフ | トップページ | ゴルフ、ゴルフと騒ぎなさんな »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ