« 終戦の日、3つの誓い心新たに | トップページ | 成長戦略は企業の責任だ »

2013年8月16日 (金)

ゴルフ、ゴルフと騒ぎなさんな

 安倍首相だけと思ったらオバマ米大統領もこの夏は休暇の過ごし方をなじられた。

いずれも好きなゴルフがやり玉にあげられた。

安倍首相は東北地方が豪雨被害に見舞われるなかでのゴルフに「時を考えろ!」となじられ、オバマ大統領はゴルフ場への行き来に専用ヘリを使用したことに「公費の無駄づかいだ」と批判された。

 

 だが、考えてみればどっちも公に認められた休暇中のことだ。

そのために何か重大な支障、不手際が生じたわけでもなかった。

「重大事が起きたらどうする」と仮定の話が通るならリーダーは休息できない。

海江田さん、それだけで「危機意識が全くない」と言えますか。

現実に政府の防災機関が地元自治体と対応し問題は起きなかった。

  

 オバマ大統領の場合は休養先まで新型輸送機オスプレイを使ったことと愛犬ボーを伴ったことが目の敵にされている。

時々、テレビにも登場し人々を癒しているあのワンちゃんだ。

「飛行1時間に1万ドルもかかる」「無駄づかいだ」というわけだ。

幸い、オバマ家の一員たるボーにもストレス解消が必要だとの声もあるそうだ。

 

 確かに公人、公費にかかる話だが、何かみみっちくありませんか。

公務を放り出したのでもないし、災害対策や国家財政にかかわるような大問題に発展したわけではない。

日ごろの激務、重労働をいたわるくらいの思いやりがあってもいい。

そこまで人々は心のゆとりを失ってしまっているのだろうか。

 

待てよ、市民、国民が本当にそんな批判をしているのだろうか。

ことさらこじつけているのはそんな記事を書いている記者ではないのか。

よく「問題になりそうだ」「批判の声があがりそうだ」と書く癖の記者がいる。

だが、そういう話が問題になったタメシはない。

政治家たちの「批判のための批判」を見極めてこそジャーナリズムだ。

愛犬を休暇に連れて行く費用まで問題にする人が本当にいるのだろうか。

 

 

 川柳「朝囀」 重箱の 隅をつついて 鯛のがす  () 

 (朝のさえずり)

 

« 終戦の日、3つの誓い心新たに | トップページ | 成長戦略は企業の責任だ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゴルフ、ゴルフと騒ぎなさんな:

« 終戦の日、3つの誓い心新たに | トップページ | 成長戦略は企業の責任だ »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ