« 海は廃水タンクじゃないぞ! | トップページ | どこが悪いのか、首相の休暇ゴルフ »

2013年8月 9日 (金)

甘い検察、原発事故は全員不起訴だと

 福島原発事故をめぐり業務上過失致死傷罪などで告訴・告発された菅直人元首相や勝俣恒久前東電会長らは全員不起訴になると朝日新聞が報じている。

「やっぱりな…検察は甘いな」というのが第一感だが、被災地の人たちはとても受け入れることはできないだろう。

 

 春には立件の可否判断が出ると言われていたのが、ここまで延びた上に「全員不起訴」だなんて随分愚弄した話だ。

原子炉のメルトダウンという最悪の事態を招き、初期対応のまずさから適切な避難行動がとれず住民被曝や放射能拡散を招いたのに、不起訴では事故の責任は一体どこにあるというのだろう。

 

あれだけの事故を起こしながら誰1人責任を問われない。

そんなことが世界に通用するだろうか。

多くの住民を放射能で被曝させ、避難措置の手遅れで被害を広げたことは刑法上の過失責任をはっきり推認できるじゃないか。

そこまで過失責任の中身が明確なのに立件できないとは信じられない。

 

検察当局は、住民が被曝して傷害を負ったことについて「被曝による傷害と認定できない」としているが、十分に検証したのかどうか疑わしい。

原子炉建屋の水素爆発を招いたのは原子炉格納容器の圧力を下げるベント(緊急弁の開放)の遅れが原因だとする告訴には、放射線量が高く、停電も重なって作業が遅れたことによるものと退けている。

 

 政府や国会の調査委員会が事故後の菅首相の対応を「不合格」と断定、「現場に過干渉を繰り返し、危機の取り組みとしては最低だった」と断じている内容に比べて検察当局の追及は甘い。

原発の電源をすべて失って、原子炉が冷却できなくなるような大規模な津波が専門家の間で予測もされていなかったのだから、菅元首相や東電幹部の刑事責任を問うのは無理だという単純な片づけ方をしている。

 

告訴状は、事故を発生させた落ち度だけでなく事故後に適切な対応をせず、避難した入院患者らを死に到らしめ多数の住民を被曝させて傷害を負わせた責任にむしろ重心を置いているのに、検察は大津波に対する予見性という方向違いの検証で片づけているのは理解できない。

大自然のなせる猛威のせいにされてはどんな告訴・告発も一片の紙切れになってしまう。そんなことでいいのだろうか。

 

川柳「朝囀」 法治国 人の命は あと回し  ()

 (朝のさえずり)

« 海は廃水タンクじゃないぞ! | トップページ | どこが悪いのか、首相の休暇ゴルフ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 甘い検察、原発事故は全員不起訴だと:

« 海は廃水タンクじゃないぞ! | トップページ | どこが悪いのか、首相の休暇ゴルフ »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ