« 470億円、東電の責任逃れにするな! | トップページ | IOCロゲ会長、日本の政治を叱る »

2013年9月 4日 (水)

バカ正直に隠れてる民主党の不誠実

 正直と言えば、その上に「バカ」がつきそうな民主党だ。

予定通り先の参院選総括に「国民から拒否される政党になっている」と記した。

昨年末の衆院選で政権の座から引きずり下ろされ、参院選では改選議席44に対して17議席しか取れなかった。完敗だ。

 

 確かに国民から拒否された結果だろう。

「総括」というのは反省を含めてのことだろうにそれがない。

財源保証もないバラマキ公約で政権をだまし取ったことをなぜ謝罪しない。

「拒否される」という言葉には国民有権者に対する恨みが込められている。

自虐の裏返しとしての腹いせ言葉なのだ。

 

 そういう腹の底がすぐバレてしまうようなことを平気でやる。

衆院選の敗北、政権の座からの陥落が影響して党員・サポーターが3分の1減って21万人に落ちてしまった。当然の結果だ。

党幹部はさぞショックを受けているだろうと思ったら大畠幹事長は「この状態で、よく21万人も残ってくれた」と語っている。

 

正直と言えば正直だが、ちょっぴり脳天気だ。

何のための総括だったのかちっとも分からない。

政権党だったのがそこまで落ち込んでしまったのだから普通なら頭を抱える。

国民有権者から拒否されたどころか見捨てられてしまったのではないのか。

小じっかり反省できないから自虐に走るのではないか。

 

それでも元政権党、野党第1党、あるいは判官びいきなのか新聞、テレビの中には民主党の復活、復権を期待する評論を続けているところもある。

それがどこまで続くのか知らないが、バカ正直だけでは応えられないだろう。

ひいきの引き倒しになることも分からないメディア…。

1度の権力に酔いしれたダモレスクの祝宴を忘れたのか。

 

 

 川柳「朝囀」 正直の 化粧をしてる 不誠実  ()

 (朝のさえずり)

« 470億円、東電の責任逃れにするな! | トップページ | IOCロゲ会長、日本の政治を叱る »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バカ正直に隠れてる民主党の不誠実:

« 470億円、東電の責任逃れにするな! | トップページ | IOCロゲ会長、日本の政治を叱る »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ