« 狂気だ! 空から自転車が降ってくる | トップページ | 新聞週間…もっと地方議会、地方政治の報道を! »

2013年10月17日 (木)

小泉元首相原発ゼロに豹変…安全神話は作り話だった?

 ライオン宰相こと、小泉純一郎元首相が壇上から両手を上げて叫んでいる写真とともに「原発ゼロ」への転換を求めている講演の光景を載せた今朝の新聞を見て違和感を抱いた人たちが多かったのではないか。

 

 誰が考えたっておかしい話だ。

東電福島第1原発事故が起きる前とはいえ、自民党の総裁、首相として国のエネルギー政策の柱に原発を据えてやってきた張本人が、突然、原発をやめると言い出したのだ。それこそ豹変そのものだ。

生身の人間だから考え方や姿勢が変わることはあろう。あってもいい。

 

 だが、一国のリーダーだった人が180度方向転換するというには説明が要る。

小泉氏が言う通り政府や自民党が原発ゼロの方針を出せば、大方の国民は協力するかもしれない。世界も日本をモデルにするかもしれない。

しかし、それは当たるも八卦、外れるも八卦のたぐいの話だ。

原発政策を強力に推し進めてきた首相の言葉ではない。

 

 小泉氏は「原発はコストが高過ぎる」と言っているが、それだけじゃ説明になっていない。肝心なのは元首相が考え方を変えた理由だ。

原発の完全な安全対策を見通せないことや不安、恐怖を払いのけられないことが理由なら正直にそれを語ってほしい。

「コストが高過ぎる」政策は他にもいくらもあるじゃないか。

 

 不安な恐ろしい政策を続けてきてしまった。

つまり、原発に関する「安全神話」は人、政治の作り話だったと言えないのだろう。

そこが違和感の大元なのだ。

究極の安全が確保できていない、これからも確保できない、だから原発はやめる。

そう言えばいいじゃないか。

 

 東日本大震災のピンチをチャンスに変え、太陽光や風力など代替エネルギーの計画に参入しやすい政策をとるべきだと小泉氏はおっしゃるが、そんなこと誰も分かっている。そこまで言うなら具体的な提案を示してほしい。

原発ゼロでも十分に経済成長できるというならその根拠を教えてほしい。

ひと声で支持率を稼いだ昔の「ワンフレーズ・ポリティックス」時代の小泉流が戻ってきたような気がしてならない。

 

 

  川柳「朝囀」 オレ流が 政界にまで 復活し (誠)

 

 

« 狂気だ! 空から自転車が降ってくる | トップページ | 新聞週間…もっと地方議会、地方政治の報道を! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小泉元首相原発ゼロに豹変…安全神話は作り話だった?:

« 狂気だ! 空から自転車が降ってくる | トップページ | 新聞週間…もっと地方議会、地方政治の報道を! »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ