« 車いすのわが子に火…先を案じた老母 | トップページ | 暗たん、虐待された障害者半年で1,700人 »

2013年11月11日 (月)

朴大統領にいつまで叫び続けさせる

 

そのうち吠え疲れて静かになるよ。そんなのんびりした声もあるが、韓国の朴槿恵(パククネ)大統領はいつまで反日の叫びを続けるつもりだろうか。

「日韓首脳会談なんかやったって無駄だ」「そのつもりもない」…失礼ながら女性リーダーとも思えないような乱暴な言葉づかいだ。

 

言葉だけならまだしもパフォーマンスまで剥き出しだ。インドネシアでのAPEC会場で日韓首脳会談を蹴っ飛ばし、中韓首脳会談、韓ロ首脳会談を開いた。

その前のワシントンでの米韓首脳会談ではそこにいない日本批判に及んだ。

外交、特に首脳同士の会談ではそこにいない国の批判や中傷はご法度だ。

それをあえてやることは一つの敵視行為であり断交宣言である。

 

 それもオバマ大統領から発言を制されたのに無視してやった。

子どもの告げ口みたいなことを恥ずかしげもなくやる。

外交の何たるかも分からず、そのマナーも心得ていないようだ。

最近訪問したフランスや英国でも日本批判を繰り返している。

両国首脳ともどう応じていいのか困惑したに違いない。

 

 強がりばかりの朴大統領に国内の政界、メディアも少し不安になっている。

このまま日韓関係が冷え切ってしまえば元に戻せなくなる。

経済成長に陰りが見え若年層の失業率上昇など先行きの不安も見えている。

かといって「反日」を人気取りの支えにしている方針を変える動きもない。

日本の外交当局もこっちから慌てて手を差し伸べる必要もないとのんびりだ。

 

 でも、それでいいのだろうか。

こんな剥き出しの発言を続けさせたら引き時も失ってしまうじゃないか。

韓国の政界、言論界は一体、いつ進言するつもりなのか。

自国のリーダーがボロボロになって去るような事態になってもいいのか。

わが外交当局だってそうだ、アジアの同胞と決裂して生きる勇気があるのか。

向こうが気づくまで待つしかない…それは隣人として冷酷すぎる。

 

  川柳「朝囀」強がりに 口惜し寂しさ 同居する (誠)

« 車いすのわが子に火…先を案じた老母 | トップページ | 暗たん、虐待された障害者半年で1,700人 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朴大統領にいつまで叫び続けさせる:

« 車いすのわが子に火…先を案じた老母 | トップページ | 暗たん、虐待された障害者半年で1,700人 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ