« 気になるね、小泉親子の食事と会話 | トップページ | 票でなく負託の平等を論じよ、「1票の格差」論 »

2013年11月21日 (木)

好戦的外交諌める国がなかったこと案ずべし、朴政権

 

 

 朴槿恵(パククネ)韓国大統領と安倍首相の会談は行なわれず1年が終わる。

これだけの長期、隣り合う国の首脳会談がないのは異例、いや異常だ。

朴大統領は無駄だ、何も得られない…と首脳会談開催を否定しているが、これまでのリーダーたちが積み上げてきた両国関係をすべて否定するのか。

断絶、絶交まで覚悟しているのだろうか。

 

 朴大統領の日本の歴史問題に対する認識に不信感が強いのは分かるが、好戦的な姿勢は国家のリーダーとして常軌を逸している。

就任初年の首脳外交を欧米、中ロに限ったのは大統領の勝手だが、行く先々で露骨に日本批判を展開するのは、外交知らずそのものだ。

各国首脳も無責任なあいづちを打ったそしりを免れない。

 

歴史問題の大切さを言いながら日本の初代首相で初代韓国統監を務めた伊藤博文を中国ハルビンで暗殺した抗日運動家・安重根をたたえる石碑を暗殺現場に建てる話に至っては尋常ではない。それに協力を示している中国の姿勢も気になる。

中国の歴代政権は国内の反日活動をあおるとして協力には慎重だったが習近平政権は路線を変えたのかもしれない。

 

 菅義偉官房長官が「わが国では安重根は伊藤博文を殺害して死刑判決を受けた犯罪者だ。(石碑の建設は)日韓関係のためにならない」と述べたのに対して、朴大統領ら韓国側は「尊敬すべき歴史的人物だ」「歴史を無視した発言だ」と反発している。日本にとって「犯罪者」が韓国では「歴史的英雄」だという。ここがまさに朴大統領が言っている歴史認識の問題だろう。

 

 自分たちの主張を相手にのませるために石碑を立てる示威行動に出る。

それは傷口を広げるだけで歴史認識の溝を埋めることにはならない。

従軍慰安婦像を米国に建てたこともそうだが平和外交路線に逆行する。

外交の要諦は話し合い、対話だ。それを拒んでは前進はない。矛盾だ

朴政権は欧米訪問への歓迎を喜ぶより好戦的外交を諌める国がなかったことを案じるべきだろう。

 

 

  川柳「朝囀」 外交は 共通の敵 作る賭け (誠)

 

 

« 気になるね、小泉親子の食事と会話 | トップページ | 票でなく負託の平等を論じよ、「1票の格差」論 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 好戦的外交諌める国がなかったこと案ずべし、朴政権:

« 気になるね、小泉親子の食事と会話 | トップページ | 票でなく負託の平等を論じよ、「1票の格差」論 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ