« 損じた暴れん坊にバッジ…軽率きわまる山本太郎議員 | トップページ | 常識も良識もない山本太郎議員の政治観 »

2013年11月 1日 (金)

メニュー偽装は構造的、確信犯だよ

 

 表示と違うものを売ればウソ、それで利益を得ればサギだ。

お客は見分けなんかできっこないと値段にゲタをはかせていれば強盗だ。

今、騒ぎになっているホテルや飲食店のメニュー偽装はそのどれかだ。

 

わが国特有の構造的な犯罪ではないのか。

ホテルや飲食店、あるいはデパートがウソの表示をする。

それを新聞、テレビ、チラシ、広告屋がひたすら宣伝する。

ウソもごまかしも知らない消費者が飛びついてそれを買いあさる。

これが構造的犯罪でなくて何だというのだろう。

 

 その裏には消費者の狂ったグルメ志向がある。

美食家自慢や茶会でなく食事会を豊かさと勘違いの人たちが増えている。

滑稽だがグルメ番組で自慢の美食家ほど料理やワインの銘柄を当てられない。

テナガエビをほおばってもタイショウエビだと言い張る。

騙して高く食べさせようという人たちには願ってもないカモだ。

 

お客さんにアピールしようして細やかな表示を始めたという。

それが食材が手に入りにくくなったり高価になって安いものに変えた。

お客さんがそれに気づかないのでメニューや食材表をそのままにしちゃった。

多分、そんなケースが多いのではないか。

つまり、根っこはお客さんを騙すことに罪の意識がないからだ。

 

 産地や生産者まで標示するのは安心、安全を求めるお客さんのためだなんて言わないでもらいたい。たった一品でも違えばそれは騙しになる。

お客さんへのアピールと信じ込ませようとする欺瞞性とは紙一重だ。

お客さんを引き付けようとしたメニューがウソになったら裏切りだ。

モラルが低い者はお客商売なんかしないことだ。

 

  川柳「朝囀」 謝れば ハイそれまでよの 国だっけ (誠)

« 損じた暴れん坊にバッジ…軽率きわまる山本太郎議員 | トップページ | 常識も良識もない山本太郎議員の政治観 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メニュー偽装は構造的、確信犯だよ:

« 損じた暴れん坊にバッジ…軽率きわまる山本太郎議員 | トップページ | 常識も良識もない山本太郎議員の政治観 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ