« 辞職しません…所期の目的果たした山本太郎 | トップページ | 車いすのわが子に火…先を案じた老母 »

2013年11月 7日 (木)

皇室行事への出席自粛だって…それが「良識の府」のケジメか

 これが「良識の府」の良識あるケジメなんだろうか。

園遊会で天王陛下に私状を差し出した山本太郎参院議員の非礼に参議院は各党の総意として皇室行事出席の自粛を求めることにしたそうだ。

これが何日もかかってひねり出した処分といえるのか。

 

 山本議員にとっては痛くもかゆくもないお咎めだ。

人がやらないことをやってアッと言わせるのが狙いで、その目的は十分果たした。

文句が出たら「ルールを知らなかった」といえばいい。

議員を辞めろというなら「選挙で投票してくれた人たちに報いたい」といえばいい。

1人じゃ何もできない政治家ばかり…処分だってまとまりゃしない。

 

 山本議員の思う通りに運んできた参議院、いや、国会。

望外の収穫は山本議員の行動を恥も外聞もなく擁護する声があがったことだ。

国会の中でさえ山本議員への懲罰をいぶかしがる政党が出てきた。

首相官邸前のデモでは反原発運動にラチがあかないと直接、皇室、さらに国会へと乱入した山本議員の思い通りの結果になった。

 

「私に投票してくれた67万人余の人々に約束を果たさねばならない」。

議員辞職を求める声に山本議員は間髪を入れずそう答えた。

国会の中で先輩議員たちがこう漏らした…「いっぱしのことを言うじゃねえか」。

そうだ、先輩議員たちが不祥事の責任を問われた時に言ってきたせりふだ。

わるいところばっかり真似しやがって…怒っても始まらない。

 

参議院の許可も得ずに北朝鮮訪問を強行したアントニオ猪木議員への処分もこの分ではへなへなで終わってしまうだろう。

何が問題なのかも分からない人たちがどうして人を裁けるだろう。

生き延びた山本議員は、天皇陛下に差し出した訴状を口外し「アッ」と言わせようとするかもしれない。そうなっても参議院は何もできないだろう。

政治の劣化は救いようもない。

 

  川柳「朝囀」 太郎さん あなたの正義も 偽表示 (誠) 

 

« 辞職しません…所期の目的果たした山本太郎 | トップページ | 車いすのわが子に火…先を案じた老母 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 皇室行事への出席自粛だって…それが「良識の府」のケジメか:

« 辞職しません…所期の目的果たした山本太郎 | トップページ | 車いすのわが子に火…先を案じた老母 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ