« 暗たん、虐待された障害者半年で1,700人 | トップページ | レール数値改ざんはJR北海道だけの話か? »

2013年11月13日 (水)

小泉原発劇場炎上する…大新聞も暴走気味

 

 小泉純一郎という政治家は警醒の人か、単なる出たがり屋か。

「脱原発」が「原発ゼロ」、そして「即時原発ゼロ」とエスカレートしている。

首相時代は原発を推進してきたのに無責任だ、という批判に耳もかさない。

処理場もないのに原発を続け核ゴミを増やす方がよほど無責任だと噛みつく。

煽られたのか、渡りに船と見たのか大新聞が一面トップで暴走気味だ。

 

今すぐ原発ゼロに踏み切れ! 安倍首相、そう言われても困る。

国民の圧倒的支持を得て政権に返り咲き、原発維持にカジを据えたばかりだ。

目の前の国民生活や産業経済、医療保健…電力なしでは一日として過ごせない。

自然エネルギーへの転換といったって賄えるわけではない。

太陽パネルが設置された、地域の電力需要の2割を賄える…といった程度だ。

 

理想は理想、現実を無視できないのが政治だ。

今、決断すればできるというが、言葉の上だけで社会は路頭に迷ってしまう。

仕組みを替えだけで対応できた「郵政」改革と同じに論ずるのは無茶だ。

安倍政権は原発維持にカジを保つとはいえ、この先は原発依存度を減らす方向だ。

将来、「原発ゼロ」に向かうことは小泉さんと同じだと政権は言っている。

 

フィンランドの「核ゴミ処分地」オンカロを見た衝撃が豹変させたというなら、まず、それを国民に説明する必要がある。

原発推進者だったのが180度変わる、そして政権の政策をそれに沿って転向させようというのだから、政権選択の問い直しをしなければならないほどの重大事だ。

小泉さん得意の「ワシがやってやる」式が通用する話ではない。

 

それになぜ自民党が野に下っている野党時代に叫ばなかったのだ。

福島原発事故から1年9か月もの間、「反原発」の民主党が政権与党だったのだから、小泉さんの叫びがもっと小さくても「即時原発ゼロ」が実現しただろう。

民主党は勢いを得て政権にとどまれたかもしれない。

小泉民主党政権、いや民主・自民大連立政権が誕生していたかもしれない。

 

国民が望んで自民党を政権復帰させ「一強時代」を作った時に揺さぶりをかける。

党総裁だった大物が公然と古巣の根幹政策を脅かすとはご乱心でなくて何だろう。

まさか、かつての約束「自民党をぶっ壊してやる」を果たそうというのか。

政界を去って1年、寂しさも出てくるころだ…安倍さんの順調な政権運営が少し妬ましくなってきた…いや、それは俗人の勘ぐりに過ぎない。

でも、小泉さん、自民党だけでなく国をぶっ壊しちゃ困りますよ。

 

川柳「朝囀」 郵政も 推進のあと 豹変だ (誠)  

« 暗たん、虐待された障害者半年で1,700人 | トップページ | レール数値改ざんはJR北海道だけの話か? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小泉原発劇場炎上する…大新聞も暴走気味:

« 暗たん、虐待された障害者半年で1,700人 | トップページ | レール数値改ざんはJR北海道だけの話か? »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ