« 医者に殺される!  また手術ミス | トップページ | 自己主張ない新聞各紙…野党や外国新聞に代弁させる »

2013年12月27日 (金)

首相の靖国参拝を各党が批判…みんな日本の政党か

 

 安倍首相が就任以来初めて靖国神社に参拝した。

中国や韓国の反発、抗議は予想されたが、日本の各政党の反応はどうしたんだ。

一体、日本人の日本人による政党の言葉なのか、われを疑ってしまう。

中国、韓国の政党じゃないのか。

 

 関係が冷え込んでいる時、さらに亀裂を生じさせる。この時期に唐突に参拝とは理解できないと民主党の大畠幹事長。微妙なこの時期に参拝した理由を測りかねていると結いの党の柿沢政策調査会長。禍根を残すことになる、慎むべきだと生活の党の鈴木幹事長。社民党の又市幹事長に至っては、相手の気持ちを逆なでする暴挙だ…言うに事欠いてそこまですべったことを言っている。

 

 共産党の志位委員長の批判は例によって一刀両断で、歴史に逆らおうとする本性をあらわにした…世界全体を敵に回す行為だと切り捨てた。

それでも維新の会の松井幹事長は、先の大戦で亡くなった方々の御霊に哀悼の誠を捧げるのは日本人なら自然のこと…戦争を美化するものではないことを政府は各国にしっかりと説明していくべきだとまともだった。

 

みんなの党の水野政策調査会長も、個人の信仰、宗教観の問題であり、他人が論評するものではないと穏当な論評にとどめていた。

批判、非難の言葉しか発していない政党は、靖国と英霊、参拝に対してどう考えているのか国民の前に明らかにすべきだ。小さな真ちゅう製の認識札1枚になっても帰ってきたいと念じながら散った英霊にそんな冷酷な姿勢を取り続けるのか。

 

戦犯とされた人々も死した先は仏さまだ。その霊を悼み安らかな眠りを願うのは私たち日本人の宗教観だ。宗教文化だ。批判、非難ばかりするのでなく、その宗教文化を諸外国に理解してもらうようなぜ働きかけないのだ。

それぞれの身内にも英霊がいるだろう。その英霊に向かって冷酷な言葉をあびせるような批判、非難を続けるのか。

 

政治家、政党の役員である前に1人の人間であるべきだ。

国のために生涯を捧げた尊い行為を敬い、悼む心情を大切にすべきだ。

安倍首相の参拝の大事なところは不戦の誓い、平和への祈りだ。

海の向こうの声に政治的な言辞を使い分けて迎合するとはどういうことだ。

あなたちは日本の政治家ではありませんか。

日本の国民から国づくりを託されたのではありませんか。

 

 川柳「朝囀」忘れたか 国より党が 大事かい? (誠) 

 

 

 

 http://gonbee-72.cocolog-suruga.com 

 

 

 

 

 

 

« 医者に殺される!  また手術ミス | トップページ | 自己主張ない新聞各紙…野党や外国新聞に代弁させる »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

公明党は創価学会以外の神仏みな反対。共産党はまさに中国政府代弁のコメントか。
日本の総理が英霊の慰霊参拝にとやかく言うもんでもないのに日本のマスコミまでも批判一色。一体何処の国のマスコミや政治家かと疑りたくなる。
ただなんでも言いがかりを付けてくる中韓は放っておいてもアメリカには日本人のアイデンテティとも言えるこの問題は是非理解を得るよう政府は充分説明に努めて欲しい

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 首相の靖国参拝を各党が批判…みんな日本の政党か:

« 医者に殺される!  また手術ミス | トップページ | 自己主張ない新聞各紙…野党や外国新聞に代弁させる »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ