« 首相の靖国参拝を各党が批判…みんな日本の政党か | トップページ | 日本はアジアの問題児…米有力紙が酷評 »

2013年12月28日 (土)

自己主張ない新聞各紙…野党や外国新聞に代弁させる

 

 首相の靖国参拝に野党のコメントで自らのスタンスを代弁させた新聞、テレビが今度は外国有力新聞の論評でポーズをとっている。他人の行動を批判したり否定しながら、自分はこう思うとは言わない。無責任すぎる。

 

新聞各紙の論評のつじつま合わせには驚いてしまう。

戦争で理不尽な死を遂げた人たちを悼む(安倍首相の)気持ちに異論はない。だが、現職の首相や閣僚が参拝すれば、純粋な哀悼を超える別の意味が加わる。政治と宗教を切り離す…憲法が定める原則をふみにじる。そう論じる。

軍国主義と国家神道が結びついた苦い経験が…とつなげる。

 

 その上で首相の哀悼の発露や参拝を個人的な思いとして決めつけている。

中国や韓国へ毅然たる態度を示せという圧力から発しているなら無意味だと断じ、安倍首相の個人的なナショナリズムにすぎないとまで言い切っている。

歴史認識問題が背景にあるとはいえ、挑発的な言動を続ける中国、韓国に対してどうすればいいかをきちっと示してほしい。

 

そして外国、特に「失望した」と評した米国の反応を寸借する。

「日本の軍国主義復活という亡霊は、軍拡への口実が欲しい中国への贈り物になった」とするウォールストリートジャーナル紙の主張を取り上げ、さらに「安倍の究極の目標は平和主義的な憲法を書き換えることだ」というニューヨークタイムス紙の社説を援用した。古い亡霊に脅えているのは米国じゃないか。

 

 何度読み返しても新聞各紙の評論の核心も主張も分からない。

中国や韓国が尖閣領有権や従軍慰安婦などの歴史問題で日本に強硬姿勢を取っていることに文句を言えず、刺激するなと靖国参拝を叩く手法だ。

安倍首相にひたすら対立が軟化する時を待てと書けばいいじゃないか。

いつでも「いい人」でいたいというのが新聞各紙のジャーナリズム観なのだ。

 

 他人の家に上がり込んで自分の家だとすごむ国、犯罪者を英雄だと言って銅像を建て自ら歴史認識をねじ曲げようとする国、スーダンで弾薬を提供したら些細な話を大げさに言うなと水をかける国…米国が「失望」すべき国はそっちだ。

そのお門違いな声明に「(同盟国の)米国でさえ、安倍首相を見放したぞ!」「さあ、政権交代だ!」とばかりに煽りたてる新聞、テレビ…。こんな輩にまともな世論の形成ができるだろうか。

 

 

 川柳「朝囀」なぜないの 首相の言動 かばう声 (誠)

 

 

 

 http://gonbee-72.cocolog-suruga.com 

« 首相の靖国参拝を各党が批判…みんな日本の政党か | トップページ | 日本はアジアの問題児…米有力紙が酷評 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自己主張ない新聞各紙…野党や外国新聞に代弁させる:

« 首相の靖国参拝を各党が批判…みんな日本の政党か | トップページ | 日本はアジアの問題児…米有力紙が酷評 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ