« 自己主張ない新聞各紙…野党や外国新聞に代弁させる | トップページ | 対話の門戸閉ざしたのはどっちだ »

2013年12月28日 (土)

日本はアジアの問題児…米有力紙が酷評

 

 

 米国の有力新聞ニューヨーク・タイムズが、安倍首相の靖国参拝について、日本が戦後の平和主義から離脱しようとしているという論説記事を載せたという。

アメリカにとってもはや日本は、中国に対抗するうえで頼りになる存在ではなく、中国との緊張を高める ”アジアの問題(児)“だと酷評している。

 

 いくら有力紙といっても“アジアの問題(児)”呼ばわりはないだろう。

その問題児に自らのアジア戦略の重荷を背負わせてきたのはどこの国だ。

自衛隊の強化はおっしゃる通りリスクだ。そこに追い込んでいるのはどこの国だ。

特定秘密保護法だって防衛大綱でって他の国との同盟強化のためじゃない。

それを分かっていて問題(児)呼ばわりしているのか。

 

それも分からないで日本の右傾化だ、軍拡だと言ってるのか。

あのみじめな敗戦から学んだ平和主義を踏みつけに私たちがすると思うか。

安倍政治の積極的平和主義、集団的自衛権の先に戦前への逆戻りがあるというのか。私たちはそんなに忘れっぽい国民ではない。

安全保障の核心に平和主義がしっかりと根を張っている。

 

わずか5センチほどの認識票1枚になっても帰ってきたいと英霊たちが念じた国、ふるさとを守ってやりたいと私たちは心に誓っている。平和を約束し不戦を誓っている。それが私たちの平和主義の真髄だ。

安倍首相が英霊に手を合わせたのも一点、その平和主義のためだ。

それを単純にナショナリズムと置きかえることは間違いだ。

 

中韓両国やあなたたちが靖国神社を軍国主義の象徴として決めつけている以上分かり合えないだろうとさえ思う。ただ、分かり合うためには対話が必要だ。

それなのに就任から1年間、首脳会談を拒否している中韓首脳こそ問題(児)ではないか。米国が中韓両国といっしょになって日本を孤立化させようとしている姿こそ戦前への逆戻り、平和主義からの離脱だ。

 

  川柳「朝囀」頼りない なんでお前に 言われるか  (誠) 

 

 

 

 http://gonbee-72.cocolog-suruga.com 

« 自己主張ない新聞各紙…野党や外国新聞に代弁させる | トップページ | 対話の門戸閉ざしたのはどっちだ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

結果だけで良いの悪いのと批判報道を繰り返すメディアの責任は大きい。靖国についても今までに日本の正当な立場を世界に向かって報道していたのか。結果の批評ばかりが報道の自由ではないはずだ。
中国のように国を批判せず誇らしげに報道する国と自国を貶め批判ばかり報道していてる国を世界はどう受けとめるか答えは明らかだ。
東京裁判を主導したアメリカは裁判の正当性を保持するためにも中国との国益を守るためにも混乱は避けたい意向のようだ。アメリカは同盟関係より何よりも国益を優先する国なのだ。
だからこそメディアはこう言った問題が起る前に国の立場を正確に世界に発信しなければならないのだ。これこそメディアの責務なのだ。
反日を国を纏める道具に使う国、国を貶めるような事ばり報道して国民をどう導こうとしているのか制御不能の日本のメディア。原点に返って考えて欲しい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本はアジアの問題児…米有力紙が酷評:

« 自己主張ない新聞各紙…野党や外国新聞に代弁させる | トップページ | 対話の門戸閉ざしたのはどっちだ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ