« 徳洲会マネーに百人の議員ぶら下がる? | トップページ | 五輪開催取り消し? その前に猪瀬知事辞職だよ »

2013年12月 3日 (火)

石破さん、国会で国民に謝ってください

 

 石破幹事長が市民のデモをテロに例えた話は、思慮もないような人物が政治家をやっているこの国の現実をあらためてさらけ出しただけのことだ。

原発再稼働に反対して首相官邸を取り囲んだ市民デモの叫びに野田前首相が「大きな音」と騒音扱いする発言をしたこともまだ記憶に新しい。

 

国民の思いを理解さえ出来ず、追い込まれた心理的圧迫を暴言で跳ね返そうとする幼児並みの行為だ。それは2人の政治家だけではない。いくらもいる。

そのたびに大臣を退いたり、党役員を下りたりしてきた。

いや、責任は感じるものじゃなく取るものだと厳しく追及されながら、威猛々しく開き直って、最後は世間の笑いものになった政治家もいる。

 

 政治家の思い上がり、傲慢、思慮不足…お粗末の限りだが、攻め立てる側も自らも同じ政治家だということを素直に考えるべきだろう。

世の中にはその日の暮らしにも困るような人たちが大勢いる。

医療費も払えず病院にも行けず命を縮めている人たちも大勢いる。

人の世はかくも不条理かと声もあげられず泣いている人たちなのだ。

 

 国会を1日開けば何千万円、何億円という税金が消える。

政局の芽を狙った国会空転がどれほど税金を浪費するかお考えになりませんか。

政治はどうあれ年に1億円を超える禄が懐に入る身分には分かるまい。

政治家の無責任な発言は非難されるべきだが、その言葉尻をとらえて政治的なパワーゲームのために税金を浪費しないでもらいたい。

 

 政治家が暴言や無思慮な発言をする背景にはおごりがある。

それも圧倒的な議員勢力を誇る数の論理だ。数は力-の政治だ。

その論理を作り上げたのは国民じゃないかという反論もある。

政治が強引すぎる、民意を反映していない…と言う前に反省しろという。

いや、それだけは政治家からは言われたくない。

石破さん、国会で国民に向かってはっきり謝っていただきたい。

 

 川柳「朝囀」 すわった目 いつの間にやら 口支配  ()

 

 

 

 

« 徳洲会マネーに百人の議員ぶら下がる? | トップページ | 五輪開催取り消し? その前に猪瀬知事辞職だよ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石破さん、国会で国民に謝ってください:

« 徳洲会マネーに百人の議員ぶら下がる? | トップページ | 五輪開催取り消し? その前に猪瀬知事辞職だよ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ