« ヒトラー、ナチスと…どこまでやるのか日本潰し | トップページ | 透明さ追及忘れた新聞、テレビの都知事選報道 »

2014年1月27日 (月)

辞めるなら早い方がいい、籾井NHK会長

 

 NHKの籾井勝人会長が会見で従軍慰安婦について「戦争をしているどこの国にもあった」と発言したことがまた問題になっている。

よりにもよって就任会見でミソをつけるとは軽率すぎる。

この先、あまり期待は持てそうもないじゃないか。

身を退くなら早い方がいい。

 

 籾井会長は、韓国に対し「お金よこせ補償しろと言ってるが日韓条約で解決している。蒸し返すのはおかしい」とことさら波風立てるようなことを言ってる。

売春街を象徴してオランダの飾り窓のことまで例に持ち出した。

女性の人権への配慮を欠いているばかりか、対外的にも問題がある。

「会長の職はさておき」と断って発言しているから承知しての話だ。

 

橋下徹大阪市長も同じような発言でミソをつけ人気を落とした。

その時に当時の石原慎太郎東京都知事が「戦争に売春はつきものだ」と言ってかばったことがあるが、この時も政敵とメディアが攻撃しただけで2人とも辞職を迫られるという場面には至らなかった。

その伝では籾井会長の場合も辞職を求めるまでには至っていない。

 

ただ、籾井会長の場合は明らかに公共放送のトップという認識に欠ける。

過去の報道ほ元にNHKの公正中立を問うた記者の狙いがどこにあるか分かりそうなものを、安易に乗っかっている。

その資質に各界から疑問の声が上がっているのも無理ない。

「会長会見です」との指摘に発言全部を取り消しますと慌てるなどあぶない。

 

会長にとどまるなら発言の真意をきちっと説明するべきだろう。

聴視料と税金で運営されていることを考えれば当然だ。

報道姿勢が乱れたりすることがないようNHK内部にも説明をすべきだ。

経歴や肩書だけで人選すると危ういポストだということを今回も示した。

公共放送のトップという自覚さえおぼつかない会長では困る。

 

 

 川柳「朝囀」 ミソつけた 酒席まがいの 軽口で (誠) 

 

 

 

 

 

 http://gonbee-72.cocolog-suruga.com 

« ヒトラー、ナチスと…どこまでやるのか日本潰し | トップページ | 透明さ追及忘れた新聞、テレビの都知事選報道 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

韓国の言う従軍慰安婦と絡めるから話がおかしくなる。「慰安婦」と恰好付けて呼んでいるが売春婦で、こんな職業婦人?を軍属として軍隊に従軍させるはずがない。
私娼が戦地に稼ぎに出かけて行ったのは周知の事実でどこの国も同じだ。
臭いものには蓋をして置きたいというのが各国の本音であろうが事実を報道する役目のマスコミがその発言を不当と扱う訳が分からない事実を以って反論すべきだ。
取材の様子がテレビに出ていたが記者の"いわせ"そのもので特ダネを取ったとほくそ笑んでる様子が覗え韓国が喜ぶだけの稚拙な話だ。
今後は「慰安婦」などと言わずはっきり「売春婦」と呼んで区別して論じよう。
韓国の慰安婦は現在もマッサージ嬢とかヘルス嬢とか言って日本国中にいますよ。これも従軍慰安婦でしょうかねぇ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 辞めるなら早い方がいい、籾井NHK会長:

« ヒトラー、ナチスと…どこまでやるのか日本潰し | トップページ | 透明さ追及忘れた新聞、テレビの都知事選報道 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ