« プーチン大統領に迫るテロの脅威 | トップページ | 年賀状に見る…老いも若きも人生いろいろ »

2014年1月 3日 (金)

参拝批判ばかりの新聞、識者…じゃあどうすればいいのか

 

 国民の声、つまり輿論とメディアの主張とが違い過ぎる。

安倍首相の靖国参拝について国民の8割近くが「望ましい」と答えている。

それなのに新聞はそれを「歴史認識を踏みにじる」「政権の右傾化そのものだ」「平和主義に逆行する」と全面的な否定だ。

識者、知識人といわれる人たちも「外交に気配りを欠いた暴挙」と非難している。

 

 国民が間違っているのか、メディア・知識人が間違っているのか。

外交官としてその道に身を置いてきた人でさえ歴史認識のなさと責めている。

日本人全体の戦争責任をどう考えるのか…そういう問題だとも言っている。

何を今さらおっしゃるのですか、そういう問題に道すじをつけるのがあなたたち外交官の仕事じゃなかったんですか。

 

 安倍内閣のやったことを見て批判するならだれでもできる。

しかも、中国や韓国、米国の側に立った批判をするのは楽なもんだ。

批判された側がそれを逆手にとって反論すれば、それがまた火ダネになって騒ぎが拡大すると口をつぐんでいるしかないからだ。

外交官だった識者が参拝を「不信感を深める挑発」とは言い過ぎでしょう。

 

死してしまえばどんな罪を犯した人も仏(ほとけ)さまとして葬られ、霊やすかれとは祀られる。それが私たちの死生観、宗教文化だ。それを諸外国に理解させるべく努めることも外交官はもちろん政治家、識者の責任だったじゃないか。

伊藤博文首相を中国ハルビン駅頭で射殺した安重根を抗日の英雄として韓国が祀ることに私たちはくちばしを入れたこともない。

 

 それが韓国の歴史認識だと日本は受け止めているからじゃないか。

靖国を参拝することは歴史認識を踏みにじり無視するものではない。

平和を約束し不戦を誓っての参拝であり、平和主義からの離反なんかではない。

安倍内閣の靖国参拝を批判するのではなく、正しい受け止めをしてもらうよう諸外国に理解を求めることをなぜしないのだろう。

 

 それより何よりメディアも含めて識者たる人々は参拝を批判をするだけでなく、どうすべきかを国民の前に示してもらえないだろうか。

自分ならこうするということを教えてもらいたい。

それがないから何度新聞を読んでもむなしい。

まさか中国や韓国の言うがままに忍従しろというのではあるまい。

 

 川柳「朝囀」無責任 批判の先に 意見なし (誠)

 

 

 http://gonbee-72.cocolog-suruga.com 

 

 

« プーチン大統領に迫るテロの脅威 | トップページ | 年賀状に見る…老いも若きも人生いろいろ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 参拝批判ばかりの新聞、識者…じゃあどうすればいいのか:

« プーチン大統領に迫るテロの脅威 | トップページ | 年賀状に見る…老いも若きも人生いろいろ »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ