« もう妄念だね、橋下市長の辞職と出直し選 | トップページ | 「全聾の作曲家」ねつ造した美談好きの新聞、テレビ »

2014年2月 5日 (水)

橋下市長は市民の心をあやつる人形師だ

 

 

 市民のみなさんは余計なことを心配しないで私に投票して大阪都構想の設計図を作らせてください。その後は住民投票やるからそれに賛成してくれればいいんです。橋下徹大阪市長はそう言って辞職し出直し選挙に出るんです。

 

 要するに橋下さんは民主主義の手順を踏んでいるようでいて実は無視している。

つまり、選挙の前に市民の意思を踏みつけている。市民を政治に参加させているようでいて実は利用している。市民の心をあやつる人形師だ。

 聡明な大阪市民がそんなこと分からないはずがありませんが、どういうわけかまた橋下さんの思い通りになりそうな雲行きです。

 

こういう政治家はそんなに大勢いませんから目立つんです。

「誰もやれないならボクがやってやる」「ボクだからできるんだ」といつも言う。

「決められる政治」が2、3年前流行ったけど、まだ、その手法なんです。

世の中、実行力のない為政者たちばっかりだから、橋下ならやってくれそうだって思わせちゃうのかもしれません。そこを見抜いているのでしょう。

 

 あの長時間の記者会見を淀みなく乗り切ってしまう弁舌と自らの主張をアッという間に正当化させてしまう理詰めの才は他に比べるべき人がいない。

小泉純一郎元首相も「言葉による政治」の名手だが、答えに窮して黙りこくってしまうことがある。だが、橋下さんは答えに困るなんていうつまずきはまずない。橋下さんが頭一つ抜けている。

 

 大阪市民でもない遠くから見ていても「またかいな」と嘆きたくなる。

大阪府知事から大阪市長に鞍替えした、いわば横綱から大関に降りた時はアッといわせたが、それも人気稼ぎの一つなんです。2度目の職場放棄になる今回は出直し選挙に6億円もの税金を無駄づかいし、来年度予算の編成作業を遅延させる。

「市」が「都」に替わるだけで何も変わらん-そんな陰口も聞こえるが…

 

  川柳「朝囀」 またかいな 民意、民意と おだてられ (誠)        

 

 

 

 

 

 

 http://gonbee-72.cocolog-suruga.com 

 

« もう妄念だね、橋下市長の辞職と出直し選 | トップページ | 「全聾の作曲家」ねつ造した美談好きの新聞、テレビ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 橋下市長は市民の心をあやつる人形師だ:

« もう妄念だね、橋下市長の辞職と出直し選 | トップページ | 「全聾の作曲家」ねつ造した美談好きの新聞、テレビ »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ