« 佐村河内さんのこと一切触れず…新聞、テレビは卑怯だ | トップページ | 子どもらの前でキリンを殺処分、解体公開…狂気の動物園 »

2014年2月 9日 (日)

「脱原発」の叫びのたびに票は「介護の舛添」に向いた

 

 

都知事選を「脱原発」のあらしで吹きまくってしまおうとした細川・小泉戦略はあえなくはね返された。古い政治家が口先でマンモス都市をあやつる選挙の時代は終わりを告げた。大衆は理想でなく現実の暮らしを通して政治を見つめているというごく当たり前の事実を政界に突き返した。

 

 選挙戦は事実上、舛添―細川対決ともいうべきかっこうで進んだ。

それは与党が舛添氏を支援、元首相の細川氏を元首相の小泉氏が支援し事実上自民党同士の戦いというかっこうになったからだ。

だが、小泉人気はすでに限界にあった。読み違えだ。

小泉劇場に集まる人がそのまま票につながるのではないことを明示した。

 

もう一つの読み違えは「脱原発」の無理な争点化だった。

福島の原発事故や核ゴミ処分場建設の難しさを考えれば原発はない方がいい。

だが、現実に暮らしも経済,産業も原発に支えられ、切っても切れないところにある。

だから、今、即座に原発をゼロにすることはできない。

代替エネルギーの開発を進めながら段階的に減らしていくしかない。

 

 都民は暮らしの視点から現実的に原発のあり方を判断している。

だから、細川・小泉陣営が声を枯らして叫ぶほどには人々はおどらなかった。

それよりも夫や妻、親の老後をどうする、親の介護をどうする…そっちが先なのだ。

細川・小泉ご両人が「原発」を叫ぶたびに人々の心は「介護の舛添」に向かった。

超高齢化が目の前に迫る首都では人々は一票を無駄にできないのだ。

 

それに細川氏にはかつての1億円の裏金疑惑が響いた。

「20年前、首相を辞めたことでケリがついた」「あらためてお詫びしたい」と言って出馬したが、それだけでは汚れた印象をぬぐえなかった。

それでも戦い切れると読んで細川氏を戦線に引っぱり出した小泉さんも責任を逃れられない。首都の選択に過ちはなかったと信じたい。

 

 

 川柳「朝囀」 何回も 野外劇場にゃ 集まらぬ (誠)

 

 

 

 

 

 http://gonbee-72.cocolog-suruga.com 

« 佐村河内さんのこと一切触れず…新聞、テレビは卑怯だ | トップページ | 子どもらの前でキリンを殺処分、解体公開…狂気の動物園 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「脱原発」の叫びのたびに票は「介護の舛添」に向いた:

« 佐村河内さんのこと一切触れず…新聞、テレビは卑怯だ | トップページ | 子どもらの前でキリンを殺処分、解体公開…狂気の動物園 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ