« 子どもらの前でキリンを殺処分、解体公開…狂気の動物園 | トップページ | 村山元首相、何しに韓国へ行った…ヨイショしてバカにされ »

2014年2月12日 (水)

童話の国の公開解剖…やっぱり残酷だ

 

 

デンマークの動物園で子どもを含む来園者の前でキリンを殺し、解体作業を公開したのは残酷だと書いたら、その批判は的外れですと丁寧なメールをいただいた。

公開は事前に告知されており、子どもを連れてきたのは親の責任で、動物園は悪くない。希少動物の解剖は生物学的に貴重で学ぶ者には意義ある機会なのだ。

いただいたメールはそういう文面だった。

 

そう言われてみればおっしゃる通りで動物園には落ち度はなさそう。

こちらが十分な取材もしないで批判記事を書いたことを恥じる羽目になった。

殺処分と解体作業をなぜ公開するのかについて確かめ取材をしなかったからだ。

公開は「動物のからだの仕組みを学んでもらうため」という大義名分かあってのことで、そうした理由を説明しての公開予告がされていたという。

 

そういう事情と事前広報があってのことなら確かに動物園は悪くない。

生物学、動物学を学ぶ人にとっては意義深い機会になったに違いない。

わざわざ経緯を含めて丁寧な説明を寄せてくれたメール氏に深く感謝したい。

動物愛護の模範たる動物園がいたずらに来園者の前で動物を殺すはずがない。

世間の批判を浴びるようなことをやるわけがない。

 

しかし、それでも解体された肉が動物園内のライオンの餌にされたという話を聞くとやっぱり残酷だなと考えてしまう。一つの命が消えることは別なもう一つの命を生かすことにつながると言われる。それが自然の中においてなら分かるが、人間が介在して、勝手な論理でコントロールするとなると何かがおかしい。捕鯨やイルカ漁に対する批判の根底にはそれがあるだろう。

 

学ぶための殺処分、解体でも限られた対象への公開にとどめるのが望ましい。

心的成長にあわせた年齢なども考慮することが必要だろう。

動物に対する気遣いはもちろん人間への配慮は寸分の揺るぎも許されない。

童話の国で起きた「命」の手さばきはやっぱり残酷だ。

 

 

 川柳「朝囀」マリウスに 人の業ゆるせと 手を合わす (誠) 

 

 

 

 

 

 

 http://gonbee-72.cocolog-suruga.com 

« 子どもらの前でキリンを殺処分、解体公開…狂気の動物園 | トップページ | 村山元首相、何しに韓国へ行った…ヨイショしてバカにされ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 童話の国の公開解剖…やっぱり残酷だ:

« 子どもらの前でキリンを殺処分、解体公開…狂気の動物園 | トップページ | 村山元首相、何しに韓国へ行った…ヨイショしてバカにされ »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ