« また汚染水あふれ出る…しっかりしろ東電! | トップページ | 国会議員が生活苦しい? 冗談がすぎるぞ »

2014年4月17日 (木)

1人でも多く救出されるよう祈ろう…韓国旅客船沈没事故

 

 

楽しい修学旅行が暗転した韓国・珍島沖の旅客船沈没事故…

テレビ画面に映し出された現場では、旅客船は青い船底を水面に出していた。

行方不明者、安否不明者の数が増えていく…船影はまたたく間に消えていった。

一縷の望みは次々と断たれていった。

 

 真っ暗な海の中、怖かっただろうな。苦しかっただろうな。

可能性いっぱいの生涯をわずか17年そこそこで閉じられてしまった。

さぞ無念だっただろう。くやしかっただろう。

 さまざまな希望、夢を抱いて生きてきた。その願いを半ばで断ち切られてしまった。家族もくやんでも悔やみきれないだろう。

 

 今回も助かった者、安否不明になった者、その時の居場所で運不運に見舞われた。

外に近い部屋にいた者は着替えをして脱出する時間があったのに、奥まった部屋にいた者は、暗闇もや災いして逃げることもできなかったようだ。

その運不運を決めるものは何だろうか。報道によれば船内放送は「動かないで」と流れたといい、そこへ停電が加わったという。

 

そうだとすると助かるはずだったのに助からなかった人が大勢いたことになる。

避難指示を出すゆとりがなかったのだろうが不運だとあきらめきれない。

 閉じ込められた乗客は分厚いガラス窓を壊すこともできなかった。外からの衝突などに備えて頑丈に作られる船が、万一の時には壁のように乗客を閉じ込めてしまう。それも随分、理不尽な話だ。

 

 濃霧のために出港を3時間も遅らせた後の出来事だったという。

遅れを取り戻すために航路を変更したという未確認情報もある。

 もしそうなら人命二の次、いや人命無視の人災ということになる。

 海に囲まれて生きる私たちにとっては他山の石とすべきだ。

今は、1人でも多く救出されるのを祈るのみだ。

 

 

川柳「朝囀」 あゝ憎し 悲鳴をのんだ 暗い海  (誠)

 

 

 

 

 

 

 

 http://gonbee-72.cocolog-suruga.com 

« また汚染水あふれ出る…しっかりしろ東電! | トップページ | 国会議員が生活苦しい? 冗談がすぎるぞ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

昨年日本への原爆投下を「神の懲罰」と報道した韓国マスコミ。今回の事故韓国のマスコミは神のご加護をとでも祈ったらどうだ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1人でも多く救出されるよう祈ろう…韓国旅客船沈没事故:

« また汚染水あふれ出る…しっかりしろ東電! | トップページ | 国会議員が生活苦しい? 冗談がすぎるぞ »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ