« 今ごろ辞任要求とは遅すぎる…辞職要求だ | トップページ | 渡辺代表辞任は引責どころか責任逃れだ…メディアは誤報だ »

2014年4月 7日 (月)

渡辺代表が辞任表明…でも、まだ言い訳っぽい

 

 

渡辺喜美みんなの党代表が7日午後、会見して辞任を表明した。

当然だね。むしろ遅すぎたのではないかとさえ思う。

 代表を辞めればそれで無罪放免ってわけにはいきません。

借り受けた8億円の金の説明が全くできていないし責任はずっとついて回る。代表辞任は党内の話だ。政治家辞職まで追いかけます。

 

辞任発言の中でもまだ、訳の分からないことを言っていた。

「借りた金は一切問題ないが、党のみなさんや多くの政治家に迷惑をかけたのは事実であり、こんな迷惑をかけたのは本意じゃないから代表を辞める」。

よく聞いていると反省や謝罪ではない。依然として私は悪くないんだ…と言い訳しているだけじゃないか。

 

「猪瀬さんは借りた金を自分の選挙に使ったけど、私は自分の選挙に使ったじゃない。党代表が党の活動のために金を使うのは当然じゃないか」って開き直ってた。

衆院選直前に化粧品販売会社会長に宛てたメール記録が出てきた。

「60人ほどの候補を立てることになりそうです。資金をお願いしたい」。

発信人は紛れもなく渡辺代表の名前になっていた。

 

それでも選挙資金じゃない…そのメールを発信した携帯は今、使っていないから確かめられない。おぼえていない…ってしらばくれていた。

5億円という大金、しかも選挙直前の金策だ…覚えていないはずがない。

そんな重大なことも覚えていないようで国会議員なんかしていられるのか。

そっちの方が心配になったくらいだ。

 

他人の不正や不明にひときわ厳しかったから厳しい結果を求められた。

それも第三極の基軸政党として政治再生の期待を国民に持たせたケジメもある。

国民は政治に無関心ではない。決してシラケてもいない。特に裏切りにはたたかう決意もできているんです。そのことを今回の厳しい声から汲み取っていただきたい。国会議員は特権階級じゃない。失礼ながら、そう勘違いしてませんか。

 

 

 川柳「朝囀」 退き際も 大言壮語で かざるクセ ()

 

 

 

 

 

 

 http://gonbee-72.cocolog-suruga.com 

 

 

 

 

« 今ごろ辞任要求とは遅すぎる…辞職要求だ | トップページ | 渡辺代表辞任は引責どころか責任逃れだ…メディアは誤報だ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 渡辺代表が辞任表明…でも、まだ言い訳っぽい:

« 今ごろ辞任要求とは遅すぎる…辞職要求だ | トップページ | 渡辺代表辞任は引責どころか責任逃れだ…メディアは誤報だ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ