« 隣りの大統領の人気落ち騒いでいる時か! | トップページ | 人情市長、7年身元不明老女に入所費猶予 »

2014年5月15日 (木)

また許した国会議員のお手盛り

 

 

増税と物価増高に泣いている国民を尻目に国会議員はさっさと8%の賃上げを断行した。震災復興支援と消費税増税に呼応してわが身を切ると実施した歳費カットを元に戻しただけだと物分かりのいい()人たちは同情的だが、震災復興も消費税増税もまだ進行中だ。

 

これこそわが身、わが懐のことしか考えていない政治家の姿です。

選挙のたびに「おらがセンセイ」と血道をあげて応援してもこの通りなんです。

もう一度言おう。有権者のみなさん、そろそろ目を覚ましたらどうですか。

選挙で反発されるから2割カットを継続しようという声もあったが、それを無視

して強引に元に戻したんだから、お仕置きをしないといけない。

 

それにしても強引に元に戻した理屈がけしからん。

「借金して事務所の切り盛りをしている国会議員が多い。(政治家が)生活に困窮する状況はいかがか」(石破自民党幹事長)なんて政治家を何様だと思ってるんだ。

借金して事務所を切り盛りしてるっていうけど大勢の秘書を雇って選挙で勝つ備えをしてるからでしょ。選挙で当選するための票固めじゃないか。

 

国民のための政治活動じゃなく自分のための選挙活動じゃないか。

年2回のボーナスと議員歳費で年間2100万円の給与から2割削減されたら年間1700万円弱ともらいは少なくなる。でも、政治家として使える金は別に支給されている。事務所の運営だって公設秘書を3人まで雇いあげられる経費として年間2600万円も支給されているじゃないか。

 

それ以上の私設秘書を抱えるのは自分のためじゃないか。そのほか文書通信交通滞在費が年1200万円、議員立法費用が780万円、政党交付金320億円が1人あたり換算で年に4500万円、ひっくるめて1人あたり年間約1億円が支給されている。ほかに企業などからの政治献金もある。航空機や新幹線の利用経費だって補助されている。それでも困窮するなら自分の責任だよ。

 

頼みもしないのに選挙にしゃしゃり出てきて政治家になったんじゃないか。

天下国家を論じ国の進路を築くために政治家を志したのではないのか。

議員削減も給料カットの理由の一つだったけど、それもやってない。

月額26万円の引き上げっていえば地方の労働者1か月の給料まるまるだよ。

いい加減にしろ!

 

 

川柳「朝囀」 政治家の お手盛りにはや 抵抗なし  ()

 

 

 http://gonbee-72.cocolog-suruga.com 

 

« 隣りの大統領の人気落ち騒いでいる時か! | トップページ | 人情市長、7年身元不明老女に入所費猶予 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: また許した国会議員のお手盛り:

« 隣りの大統領の人気落ち騒いでいる時か! | トップページ | 人情市長、7年身元不明老女に入所費猶予 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ