« 今度は18年も身元不明の認知症老人…あすはわが身だ | トップページ | 信じられるか北朝鮮の拉致全面調査の約束 »

2014年5月29日 (木)

橋下、石原がやっとけんか別れ…ああ、スッキリした

 

 向こう気が強いところばかり似ている2人がいつまで続くやらと思っていたが、  

やっと袂(たもと)を分かつことになった。 

ああ、よかった。すっきりしたわ…。骨のある人はみんなそう言っている。

 何がって、日本維新の会の石原慎太郎、橋下徹両氏が党を割る、分党のことだ。

 

 共同代表っていえば仲がいいか、あるいはどっちも譲らないかのどっちかだ。

その答えは言うに及ぶまい。その鼻っ柱の強いことを考えれば明明白白だ。

 橋下氏が進める大阪都構想に石原氏は一国に二つも首都が必要か、考えるのもバカバカしい…とせせら笑ってきた。石原氏が描く自主憲法制定に橋下氏は今すぐできる話じゃない…と鼻であしらってきた。

 

 それが結いの党との合体に向けた議論で抜き差しならなくなった。

橋下氏が自主憲法拒否の結いの党に傾いたから石原氏が別れようと断を下した。

政治は自主憲法や大阪都構想だけじゃない。国民の暮らし、国家の将来にとって大事なことが山積している。それなのにリーダー2人が勝手な大義にこだわって民心も時間も血税もドブに流すようなことを続けてきた。

 

いい加減にしてくれって言ってやりたかった。

2人の信頼感はそんなに深いものでも真面目なものでもない。

石原氏は若い橋下氏の行動力、決断力ありそうな政治手法に惚れ、事大主義の橋下氏は石原氏の老いても衰えぬ人気、著名ぶりにすがっただけだ。

お互いに党勢がもたつく中で不満爆発といった程度なのだ。

 

特に橋下氏は従軍慰安婦発言でミソをつけ、勢いを失った。

選挙のたびに負ければ退陣といいながら居座り続けてきた。日本維新の会ではなく「日本保身の会」のリーダーそのものだ。膝元の大阪市民からも「もう、ええわ」と愛想尽かしされる。石原氏は14、5人の一族郎党を抱えて新党旗揚げだそうだが、余計なことながら新党の名は「落日の党」でどうだ。

 

川柳「朝囀」 集団も 個人も守れぬ 維新の会  () 

 

 

 

 

 

 

 

 

 http://gonbee-72.cocolog-suruga.com 

 

« 今度は18年も身元不明の認知症老人…あすはわが身だ | トップページ | 信じられるか北朝鮮の拉致全面調査の約束 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 橋下、石原がやっとけんか別れ…ああ、スッキリした:

« 今度は18年も身元不明の認知症老人…あすはわが身だ | トップページ | 信じられるか北朝鮮の拉致全面調査の約束 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ