« ひどい人権配慮…小5女児監禁事件報道 | トップページ | 米国が中国の反人権に怒り…ワシントンの通りを獄中ノーベル作家の名に »

2014年7月22日 (火)

戦争に狂奔する愚か者よ、旅客機撃墜の惨状直視せよ!

 

 

 人間の狂気はどこまでエスカレートするのだろう。恐ろしい。

ミサイルで撃墜されたマレーシア航空機の墜落現場がテレビに映し出される。

黒焦げの変わり果てた機体、ブランケットやトランクなど乗客を楽しい旅にいざなうはずだった品々が散乱している。地獄絵のような無残な光景だ。

戦争に狂奔している愚か者よ、この惨状をしっかり見届けよ!

 

機首部分が落ちたウクライナ東部の農村で多くの子どもの遺体が見つかった。

住民が幼い死を悼んで持ち寄り供えたという人形や動物のぬいぐるみが一段と悲しみをつのらせる。権力者が勝手な大義を唱えて戦争を始める。年寄りや母子は砲弾やミサイルの下をかいくぐって命からがら逃げ惑う。

人間が繰り返してきた愚かな姿だ。

 

その矛先がこともあろう民間の旅客機に向けられ戦争に関係のない人々が犠牲になった。ミサイルも発射台もプーチンのロシアが提供したものであることが明らかになった。米国もEU諸国も世界がロシアの責任を厳しく追及している。しかし、プーチンは「ロシアはずっと停戦を求めてきた」「停戦が成立していればこんな悲劇は起きなかった」と言いわけばかりだ。

 

プーチンが自ら力がなくなったことを白状しているようなものだ。

プーチンはすでに指導力も統率力もないお飾りにすぎない。

こんな惨状を横目で見るようにイスラエルとガザの地上戦は日に日に激化、死者はすでに500人を超えたという。国連事務総長の停戦呼びかけがむなしい。

人間の狂気はどこまでエスカレートするか分からない。そら恐ろしい。

 

川柳「朝囀」 戦争が ゲームになった 狂気の沙汰  ()

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 http://gonbee-72.cocolog-suruga.com 

 

 

 

 

 

 

 

« ひどい人権配慮…小5女児監禁事件報道 | トップページ | 米国が中国の反人権に怒り…ワシントンの通りを獄中ノーベル作家の名に »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戦争に狂奔する愚か者よ、旅客機撃墜の惨状直視せよ!:

« ひどい人権配慮…小5女児監禁事件報道 | トップページ | 米国が中国の反人権に怒り…ワシントンの通りを獄中ノーベル作家の名に »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ