« 戦争に狂奔する愚か者よ、旅客機撃墜の惨状直視せよ! | トップページ | 傷をなめ合う「死の商人」たる大国…人の命は虫けらだ »

2014年7月24日 (木)

米国が中国の反人権に怒り…ワシントンの通りを獄中ノーベル作家の名に

 

 米下院はあの法案を可決したんだろうか。ちっとも伝わってこない。 

米国ワシントンの中国大使館の前の通りを中国で投獄されているノーベル平和賞作家・劉暁波氏の名前にして中国の人権抑圧に抗議しようという法案だ。

下院の委員会で可決されて1週間以上たつのにのんびりしているな。

 

 中国大使館側は「ばかげている」と反発しているそうだが、中国、韓国からイメージダウンの不当宣伝をやられっ放しのわれわれはちょっぴり溜飲が下がる。

従軍慰安婦や靖国をめぐって国連を対日批判の討論の場にしてみたり、慰安婦像や碑文を都市に設置したり、伊藤博文をハルピン駅で射殺した安重根の記念館を現地に建てたり、中韓両国の言動は人間性を疑わせる。

 

今回の通りの名称変更は劉氏を反国家活動家として牢獄に押し込んでいるのは重大な反人権行為であるとして共和党議員らが法案を提出した。

現在の「インターナショナル・プレイス」から劉氏の中国読み「リゥ・シャオボー・プラザ1番地」に変えるよう求めている。法案を提出した議員は「アメリカが人権問題を見過ごさないというメッセージだ」と言っている。

 

下院本会議に回されて可決されれば成立する。わが国にとっては米国からの久々のアシストだ。中国大使館は「全くばかげている」と反発しているそうだが、慰安婦像や少女像を建てられ一方的に悪評されているわれわれのくやしさが分かるだろう。日本が依頼したわけではないが、何としても法案は成立させてほしい。

 

国家、国境を超えた21世紀外交の時代にこんな子どもじみた話は恥ずかしい。

それもこれも国力の増勢に図に乗り、大人の行動がとれない国のせいだ。

 ばかげているのは誰か、どこの国かを反省する時だ。

 歴史、文化が多様なアジアで最も信頼されるべき地位をなぜ壊そうとする。

  目には目を…と出ないと目がさめないのかもしれない。

 

川柳「朝囀」 アシストは ピッチ上だけでは ありません  ()

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 http://gonbee-72.cocolog-suruga.com 

 

« 戦争に狂奔する愚か者よ、旅客機撃墜の惨状直視せよ! | トップページ | 傷をなめ合う「死の商人」たる大国…人の命は虫けらだ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 戦争に狂奔する愚か者よ、旅客機撃墜の惨状直視せよ! | トップページ | 傷をなめ合う「死の商人」たる大国…人の命は虫けらだ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ