« 何でへつらう…海江田訪中には嫌悪感覚える | トップページ | 号泣県議だけじゃない…血税湯水の如く使う議会を監査せよ! »

2014年7月12日 (土)

見るに堪えないヘボジャッジ…審判はもっと眼力養え!

 

 ヘボ審判め、眼をかっぴらいてよく見ろ、セーフじゃないか。

そう言ってあのミスジャッジに文句をつけても、寅さんも「それ言っちゃあおしまいよ」とは言わないだろう。11日夜の東京ドーム、巨人-阪神10回戦の一塁審判は明らかに誤審だ。阿部を退場処分なんて大間違いだ。

 

8回に阿部が打った2塁へのゴロは2塁手がギリギリ捕って1回転して1塁へ送球したからきわどいプレーになった。でも、ビデオを何回みても1塁手のミットにボールが届いていない段階で阿部はベースを踏んでいる。

いくら足が遅い阿部でも明らかに「セーフ」だ。

しかし、一塁審判は「アウト」のコールだ。阿部が怒るのも無理ない。

 

審判の判定だから仕方がない、阿部は潔く退場したが、こっちはおさまらない。何度も何度もビデオを見直すことになったが結論は「セーフ」。審判のミスジャッジだ。点差も開いていたし、巨人ベンチもあっさり引き下がったが、審判が下手過ぎる。審判は絶対だというが、それは一つには審判がいなければゲームが成り立たないことと審判はミスをしないというのが前提なのだ。

 

「絶対」にこたえるだけの眼力と判断力を持ってなければならない。

夜間の限られた時間のゲームだから選手もベンチもクレームを控えざるを得ない。

それをいいことに審判がいい加減ではファンは減るばかりだ。

 サッカーW杯でもお粗末な審判、判定が問題になっている。

ブラジルのエース、ネイマールが背骨を砕かれたラフプレーへの誤審が典型だ。

 

 コロンビアのDFスニガは背後から飛びかかってひざ蹴りしている。

プレーの流れの中とはいえ結果的に危険行為となった以上厳しい加罰が当然だ。

高位の試合になればなるほど厳しい加罰が必要なのにそれを見逃した。

 見えない背後でラフプレーをされる主審、選手に走り負けて斜め後ろからオフサイド旗をあげている線審、サッカーの最高峰に恥ずかしい審判がゾロゾロだ。

 

 川柳「朝囀」 選手より 劣っていても 「絶対」か  ()

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 http://gonbee-72.cocolog-suruga.com 

« 何でへつらう…海江田訪中には嫌悪感覚える | トップページ | 号泣県議だけじゃない…血税湯水の如く使う議会を監査せよ! »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

野球のルールはよく知らないのですが不当な対応をしたヘボ審判員を裁く弾劾裁判制度のようなものはプロ野球にはないのでしょうか。一方的に不当に処罰されるだけでは選手が可哀相です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 見るに堪えないヘボジャッジ…審判はもっと眼力養え!:

« 何でへつらう…海江田訪中には嫌悪感覚える | トップページ | 号泣県議だけじゃない…血税湯水の如く使う議会を監査せよ! »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ