« ガン闘病の小松長官なじった議員たちは今、何を思う | トップページ | 何でへつらう…海江田訪中には嫌悪感覚える »

2014年7月 9日 (水)

中韓首脳こそ露骨な歴史の政治利用やめよ!

 

 

中国が来年、米国サンフランシスコに抗日戦争記念館を開館するという。

今年、黒竜江省ハルビン駅に安重根義士記念館を完成させたばかりだ。

石碑建立を求めた韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領にこたえ習近平国家主席が「反日の聖地」の恨みを込めて記念館に格上げして完成させた。

中韓はこんなばかげたことをいつまで続けるつもりだろう。

 

 政府はアジアの平和に資することにならんと不快感を表明しているが、自分たちの立ち位置も分からない新聞、テレビは抗議の論評もしない。

盧溝橋事件から77年の式典に最高指導者として初めて出席した習主席は「侵略の歴史を歪曲、美化しようとする者を中国と各国人民は決して認めない」と日本批判をしたそうだが、歴史を歪曲して政治利用しているのは自分じゃないか。

 

温家宝首相、胡錦濤主席の時代に比べたら日本に牙を剥く習主席の外交姿勢は狂気じみている。この人物を中央指導部入りの時に「大の親日家」などともてはやした人たちはどう説明するんだ。

安重根はハルビン駅頭で日本の初代統監・伊藤博文総理大臣を射殺し死刑になった犯罪者だ。しかし、日本は犯罪者として攻め立てる教育はしてこない。

 

むしろそういう歴史教育をすることを慎んできた。

安重根を抗日運動の英雄としてたたえるのは韓国の歴史認識、評価だと受け止めてきたから、これまでも石碑建立の計画などにも口を挟まないできた。

お互いの歴史認識、歴史評価の尊重が大切だと言ってきたのは朴大統領や習主席ではないか。安重根の石碑建設を要請した話を聞いた時は信じられなかった。

 

こんな状態でも日本は言動を慎むべきだと大新聞は言う。

習、朴政権の強硬派を勢いづかせ、関係修復の芽を摘むことになるからだという。そうだろうか。靴底で足の甲を踏みつけられてるのに笑っていろというのか。

「歴史を心に刻み、過去を反省し、未来を展望することが大切だ」。歴史問題を露骨に政治利用しているのはご両人だ。その言葉をそっくりお返ししたい。

 

 

 川柳「朝囀」 あなたこそ 国に責任 持ってない (誠) 

 

 

 

 

 

 

 

 http://gonbee-72.cocolog-suruga.com 

 

 

« ガン闘病の小松長官なじった議員たちは今、何を思う | トップページ | 何でへつらう…海江田訪中には嫌悪感覚える »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中韓首脳こそ露骨な歴史の政治利用やめよ!:

« ガン闘病の小松長官なじった議員たちは今、何を思う | トップページ | 何でへつらう…海江田訪中には嫌悪感覚える »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ