« 後手後手の対応が被害大きくした? 広島豪雨禍 | トップページ | 私たちの市長じゃないが、広島市長の言い訳は許せない »

2014年8月22日 (金)

広島豪雨禍はマニュアル社会の犠牲? 住民に寄り添っていない行政

 広島の豪雨禍、土砂災害は死者・不明者100人に迫る未曾有の惨事になってしまった。犠牲者のご冥福をお祈りします。ご家族、ご遺族のみなさんには心よりお見舞いを申し上げます。

 このむごい結果から疑問や考えさせられることがたくさんある。その犠牲を無駄にしないために拙稿を供したい。

 

 避難勧告の出し遅れなど後手後手の対応が何よりも悔やまれるが、マニュアルや規則に縛られた防災行政の欠陥だ。後の非難や批判を気にするあまり一文一句にとらわれる。人間の作る決まりやマニュアルは万能ではない。その通りやったけど結果は失敗だったという例は数えきれない。今回だって勧告を出す出さないについ「気象予測を勘案して対応する」との水防計画の文言に引っ張られて遅れた。

 

 人、それも多数の市民の命がかかっているのだから「空振り」を恐れず、むしろ承知で発令するくらいでなければならない。何度も空振りを食わされても、助かって怒る人はいない。空振りを恐れ、つまり行政のメンツを守るために出し渋って大勢の犠牲者を出しては元も子もない。行政がカッコウつけたがために市民の命を散らしてしまったのでは誰のための行政が分からない。

 

 厳しいことを言えば、それは市民に寄り添うことを忘れた行政なのだ。

高学歴者が地方行政の頂点に立つようになって行政が心より頭、手数より効率を重視するようになった。その結果として手抜きの行政が増えているように思えてならない。広島の豪雨禍がそうだとは思いたくないがマニュアル化した社会が見落としている重大な欠陥だと思う。

 

マニュアル化した社会は防災情報の判断や指示、命令の末端責任を地域社会に押しつけていないだろうか。自治会、町内会、隣り組組織は極端に高齢化している。普通なら救助される側が救助の先頭に立たされている。昼間ならまだしも一寸先の足もともおぼつかない暗夜に年老いた者が救助に飛びまわれるわけがない。現に私もその一人として災害時には生きた心地がしない。

 

もう一つ、今回の豪雨禍の現場はもろい「まさ土」地帯で過去にも大災害を起こしているというのにどうして開発規制がかけられていないのだろう。山林を背負った地域に住宅が立ち並んでいる景観は美しいがこわい。山林はどこから土砂崩れや土石流が起きるかは並みな地質調査ではつかめないからだ。地すべり、傾斜地崩壊など土砂災害警戒区域の指定を急ぐべきだ。人命のために予算投入を惜しむな!

 

 川柳「朝囀」天の神 手抜き行政 叱ってる  ()

 

 

 

 

 

 http://gonbee-72.cocolog-suruga.com 

« 後手後手の対応が被害大きくした? 広島豪雨禍 | トップページ | 私たちの市長じゃないが、広島市長の言い訳は許せない »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

被害地区はテレビ画面でしか確認していませんが山裾を開発した新興住宅地区のように見えます。
開発して来たデベロッパーとそれを規制する立場の行政の無作為が引き起こした人災の様に思えてなりません。
先の信州南木曾の災害も同様です。全国的にはこの様な危険な立地に建つ住宅が無数にあると思います。
国土の狭い日本。開発規制には難しい問題も有りますが防災対策を伴った宅地開発を行政主導で出来ないものかと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 後手後手の対応が被害大きくした? 広島豪雨禍 | トップページ | 私たちの市長じゃないが、広島市長の言い訳は許せない »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ